JリーグPRESSBACK NUMBER

フロンターレが新型4-3-3に着手中。
「超アグレッシブ」な変化の要点。
 

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/02/18 11:00

フロンターレが新型4-3-3に着手中。「超アグレッシブ」な変化の要点。<Number Web> photograph by Getty Images

5-1のスコアを聞くと川崎らしい攻撃力爆発、というイメージだ。ただし長谷川竜也のゴールに、2020年に目指す方向性が垣間見える。

不具合を発見できたことを喜ぶべき。

 田中が言葉を続ける。

「誰か1人が走れなくなると(守備で)穴が開くし、それでみんなが止まってしまうと、後半の最初の20分みたいに、ボールを奪うチャンスができなくなる。最後は修正したように、自分たちでボールを取りに行けば取れていますし、敵陣でサッカーができている。体力的にもきついとは思いますが、やらないといけないと思います」

 とはいえ、清水戦はまだ新システムで迎えた最初のゲームである。勝利しながら、そうした現象や不具合を発見できたことを喜ぶべきだろう。それはチームとしてやるべきことを積極的にチャレンジし続けたゆえの“対価”とも言えるからだ。

 だから、なのだろう。試合後の田中碧は、これからの未来を見据えて、こう言った。

「できないことはたくさんあったし、そこを修正していければ、もっと良くなるんじゃないかなと思います。楽しみで仕方がないですね、今は」

 ルヴァンカップ連覇に向けて、そしてリーグタイトルの奪還を目指すシーズンが始まった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
川崎フロンターレ
田中碧
脇坂泰斗
長谷川竜也

Jリーグの前後の記事

ページトップ