福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

W杯予選、福西崇史は戦い方を評価。
「中島翔哉は相手をいなしていた」 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph byTsutomu Takasu

posted2019/09/11 20:00

W杯予選、福西崇史は戦い方を評価。「中島翔哉は相手をいなしていた」<Number Web> photograph by Tsutomu Takasu

前半16分に先制点をあげた中島。相手のアフター気味のタックルにも冷静に対応して試合をコントロールした。

荒いプレーにもカリカリしない。

 そして「ケガをしないで90分間を終える」とはよく言うところですが、プレーの集中力を保った上で、それができていたことは評価していいと思います。

 ミャンマーは大迫(勇也)や中島らに対してアフター気味でタックルしてくるなど、ストレスを感じてもおかしくないシーンが何度かありました。そんな荒いプレーをされてもカリカリすることなく、相手をいなしていた。

 また"ケガをしないように時間を進めよう"と考えていると、本人にはその意識がなくても、消極的なプレーが増えることがある。例えば「相手が深いスライディングを仕掛けてくるから、ドリブル突破は控えておこう……」といった感じですね。だけど中島、途中出場の伊東や久保(建英)は不要なファウルは受けないようにしつつ、シュートチャンスまで持ち込めていましたね。

「状況に合わせた戦い方をする」

「状況に合わせた戦い方をする」

 こう表現するのは簡単です。

 ただし実際、90分間通じてそれを表現することは意外と難しいし、それを成し遂げたチームには頼もしさを覚えました。

 W杯2次予選は対戦相手との実力差がある中で、特にアウェーでは気候やスタジアム環境など、イレギュラーなことが起きがち。そういったことにも動じずに戦えるかが重要なことです。

 そういった意味では堂々とした姿勢をチームが見せてくれたことは、アジアカップやコパ・アメリカなどを経てたくましさを増した証拠ではないでしょうか。

(構成/茂野聡士)

関連記事

BACK 1 2
中島翔哉
堂安律
南野拓実
橋本拳人
吉田麻也
冨安健洋
伊東純也
大迫勇也
久保建英
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ