フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

ISUが審判の倫理規定に大鉈!
北京冬季五輪のフィギュアにも影響。

posted2019/07/08 11:15

 
ISUが審判の倫理規定に大鉈!北京冬季五輪のフィギュアにも影響。<Number Web> photograph by ISU via Getty Images

2002年のソルトレイクシティ五輪の採点疑惑などを契機に、昔からフィギュアスケートの採点方法は改善を重ねてきてはいるのだが……。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

ISU via Getty Images

 国際スケート連盟(ISU)が7月2日、技術パネルとレフリー、そしてジャッジの倫理規定に大幅な改定を発表した。

 これまで長年、問題視されてきながらもISUが向き合おうとしなかった、関係者間の交流など詳細にまでついに大鉈が入れられたのだ。

 最初にまず、「レフリー」「技術パネル」「ジャッジ」がよく混同されるので、それぞれの役割の違いを明確にしておく。

「レフリー」「技術パネル」「ジャッジ」の区別。

「レフリー」とは、ジャッジの総責任者で、競技の採点作業などが滞りなく行われているかを監視する。

 演技中に選手の靴が壊れるなど、予期せぬトラブルなどが起きた場合の対応、判断も、レフリーが行う。レフリーは必ずISUジャッジの資格を有しているベテランだが、レフリーに任命された大会では本人は採点に加わらない。

「技術パネル」とは、ジャンプの回転の承認、スピン、ステップなどのレベル判定を行う技術判定チームで、テクニカルコントローラー、テクニカルスペシャリスト、アシスタントテクニカルスペシャリストの3人から成っている。

 彼らはあくまでレベル判定をするだけで、評価はしない。解説者が「ちょっとジャンプの回転が足りなかったかもしれないですね」などと説明するときに、実際にそれを決めているのはこの技術パネルである。

「ジャッジ」たちは、技術パネルが判定したジャンプなどのエレメンツに対して、プラスあるいはマイナスなどの評価を加える。演技評価の5コンポーネンツの採点も彼らが行う。

 国際大会では通常9人、緊急事態発生に備えて予備ジャッジが1人いる。どのジャッジが予備に回るかは、大会事前の抽選で決められる。

【次ページ】 選手との個人的関係なども監視対象に。

1 2 3 4 5 NEXT
アデリナ・ソトニコワ
キム・ヨナ
羽生結弦
カロリーナ・コストナー
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ