Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<歴戦のDFが語る>
槙野智章「僕がヤラれた天才たち」

posted2019/06/04 15:00

 
<歴戦のDFが語る>槙野智章「僕がヤラれた天才たち」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

直接、肌で感じてきた日本の名手たちの才能は、いったい、どれほど突出したものなのか。Jリーグでも日本代表としても豊富な経験を持つ槙野智章に、傑物たちの凄さを語ってもらった。

 類まれなる才能を持ち、想像のつかない閃きとプレーで観る者の度肝を抜く――。それが、一般的な天才選手のイメージかもしれない。

 だが、槙野智章の考える天才は、それとは少し異なるものだった。

 槙野が真っ先に名前を挙げたのは、“ハンパない”男である。

「大迫勇也。これまでに受けた衝撃の数が多すぎる。僕の間合いなのに、ボールがまったく奪えない。ある日、どうしてなのか聞いてみたんです。そうしたら、他のチームにはポストプレーが通用するのに、バイエルンには通用しなくて、分析した結果、手の使い方を学んだと。それに味方だと本当に心強い。難しいボールでも収めてくれるし、ここ一番で点を取ってもくれる」

 味方にすると頼もしく、敵に回すとこれほど厄介なFWはいない、というわけだ。

 では、同じポジションの選手については、どう見ているのか。続いて槙野が挙げたのが、現日本代表のキャプテンだった。

「吉田麻也も天才だと思います。僕自身、ドイツで1年間プレーしたので、日本人DFが海外で活躍することの難しさはよく分かってる。最高峰のイングランドで、センターバックとして100試合以上出場しているのは、凄いとしか言いようがない」

 このふたりに共通するのは、槙野よりも歳下である、ということだ。

「それなのに、態度や経験値を含めて、すべてが僕を上回っているんです。麻也なんて、タブレットを使って、この時のポジショニングはこうしたほうがいいとか、アドバイスしてくれる。尊敬しかない。だから天才というのは、持って生まれた素質も素晴らしいけど、振る舞い、発言、すべてを含めてのもの。そういう意味では、努力できることも立派な才能だと思っています」

 なるほど、槙野の抱く天才像が見えてきた。だから、続いて挙げたのが、佐藤寿人だったことにも納得がいく。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

浦和レッズ
槙野智章
大迫勇也
吉田麻也
中村憲剛
前田俊介

Jリーグの前後のコラム

ページトップ