話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

マリノスのクリリンことマルコスは、
トップ下で気円斬のような切れ味。

posted2019/06/04 11:45

 
マリノスのクリリンことマルコスは、トップ下で気円斬のような切れ味。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

マルコス・ジュニオールがゴールを決めると、仲川輝人(左)らとともにドラゴンボールの必殺技を繰り出すのはお馴染みの光景だ。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

「クリリン」の愛称で人気の横浜F・マリノスのマルコス・ジュニオールがピッチで「かめはめ波」を放ちまくっている。

 今シーズン、14節まで全試合にスタメン出場し、チームトップの7ゴール、3アシスト。ゴールした試合は4勝2分。「ドラゴンボール」好きとして知られるマルコスが活躍すれば、マリノスは負けなしだ。

 12節の神戸戦からはトップ下でプレーし、存在感をさらに増している。リーグ中断前の試合となった31日の湘南戦でも、エジガル・ジュニオの先制点につながるパスを相手DFの背後に出し、チームの3連勝に貢献した。

「あのパスは、スカウティングで裏にスペースが空くというのを聞いていたんです。それを頭に入れて、そのチャンスを探していた。タイミングよく裏に出せてテル(仲川輝人)がいい状態でボールを受け、エジカルもぺナルティーエリア内で準備していたので、ゴールに繋がってよかったです」

 マルコスは、青い瞳を輝かせてニコリと笑った。

三好、天野を差し置いてトップ下。

 シーズン序盤はサイドハーフ、トップに置かれることが多かったマルコスだが、神戸戦からチームは4-1-2-3から4-2-3-1にシステム変更。トップ下に入って攻撃の中枢を担うようになった。

 トップ下候補には三好康児や天野純がいるが、彼らをベンチに置いても起用されていることを考えれば、ポステコグルー監督の信頼が厚いことが見て取れる。

「トップ下は面白いポジションです。よりボールに多く絡めるし、自分のアイデアも活かせます。自由に動いてプレーできるので好きなポジションですし、やりがいがあります。1トップも楽しいですが、ブラジルには『勝っているチームはいじらない』ということわざがあります。今は結果が出ていますし、トップ下を続けていければと思っています」

 F・マリノスの攻撃は、ボランチやセンターバックからマルコスに縦パスが入り、彼が起点となって攻撃が始まる。

 167cmと小柄ながら前線で体をうまく使ってボールをコントロールしつつ、ダイレクトでパスを展開し、周囲をうまく使ってチャンスを作る。ボールをこねることなく、素早く展開することで攻撃が機能しているのだ。

【次ページ】 少ないタッチでパスを出す意識。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マルコス・ジュニオール
横浜F・マリノス

Jリーグの前後のコラム

ページトップ