猛牛のささやきBACK NUMBER

“最後のPL”で騒がれ、そして学んだ。
オリ新人・中川圭太にある太い芯。

posted2019/05/17 10:30

 
“最後のPL”で騒がれ、そして学んだ。オリ新人・中川圭太にある太い芯。<Number Web> photograph by Kyodo News

楽天戦でプロ初本塁打を放ち、ベンチで笑顔を見せる中川圭太。ルーキーながら、現在はスタメンに定着している。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 もうずっと前からそこにいたかのように、中川圭太はそこにいる。

 東洋大学からドラフト7位でオリックスに入団したルーキーの中川は、4月24日のソフトバンク戦でプロ初先発し、第1打席で初安打を記録。さらに、9回の第4打席では同点打となる初タイムリーを放ち、その後の逆転勝利につなげた。

 現在はスタメンに定着し.354(5月15日時点)という高打率を維持しており、5月10日の楽天戦ではプロ初本塁打も記録した。

 相手は初めて対戦する投手ばかりだが、打席の中で、何年もプロでやってきた選手のような対応力を発揮している。個性豊かなプロの投手に対応するために、相手に合わせてタイミングの取り方を変えているのだ。

「対応できていると言えるのかどうかはわかりませんが、今のところボールが見えていますし、自分のポイントまで持ってくることができているのは、タイミングの取り方が2種類ぐらいあるからだと思います」

打てないならば、こだわりを捨てる。

 2種類というのは、おおまかに言えば、足を上げるか、上げないか。大学時代は左足を上げてタイミングを合わせ、一気に振り抜くスタイルだった。しかし今は、投手によって足を上げる程度を変えたり、すり足にして、タイミングの取り方を変えて対応している。

「足を上げてタイミングを取れるピッチャーと、上げると合わないピッチャーがいますから。クイックで投げてくる人や、タイミングをずらしてくるピッチャー、球が浮くピッチャーに対しては、足を上げるとムダな動きになってしまうので、小さい動きの中で捉えようとしています。

 大学までずっと足を上げていたので、できるなら足を上げて打ちたいんですけど、それにこだわって打てなかったら何の意味もないので、それならすり足にしてタイミングを変えてでも打ちたいと思って」

【次ページ】 紅白戦で対峙した左腕・山田にあった“間”。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オリックス・バファローズ
中川圭太

プロ野球の前後のコラム

ページトップ