球道雑記BACK NUMBER

遅れてきたロッテの切り札。
高濱卓也“ひと振り”にかける1年。

posted2019/05/16 11:30

 
遅れてきたロッテの切り札。高濱卓也“ひと振り”にかける1年。<Number Web> photograph by Kyodo News

FAの人的補償として千葉ロッテに加入した高濱卓也。横浜高校では1年時からレギュラー、2年春にはセンバツ優勝も経験した。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 背中に降り注ぐ声に、万感の想いがこみ上げた。

「ずっと待っていたぞ!」

「よくやったー! ありがとう!」

 2019年のプロ野球が開幕して1カ月半。“遅れて”チームに合流したその男は、スタンドから投げかけられるファンの言葉に安堵感のようなものを覚えていた。

「なんとか早く一軍の舞台に立ちたいなとずっと思っていたので……。そこでこういう結果が出て、みんなが喜んでくれたのは本当に嬉しかったです」

 そう語る彼の目はうっすら潤んでいるようにも見えた。

 '19年5月9日、県営大宮球場。埼玉西武対千葉ロッテ戦。延長11回に及ぶ熱戦にケリをつけたのは、この日代打で登場したプロ12年目、今年で30歳を迎える千葉ロッテ・高濱卓也のバットだった。

戦力外通告も覚悟した高濱。

 '11年に、FAで阪神に移籍した小林宏之の人的補償として千葉ロッテに加入。そこから早8年の月日が流れた。'16年には椎間板ヘルニアを発症し、近年は思うような成績を残せずに苦しむ。

 2017年 28試合35打数6安打0本塁打1打点 打率.171
 2018年 10試合12打数3安打0本塁打0打点 打率.250

 一軍でも二軍でも出場機会が減って行き、昨年は戦力外通告も覚悟した。

「今年でもう、ダメかな……」

 昨年のシーズン終盤には、心が折れかかるときもあったというが、そんなある日、妻がポツリと漏らした言葉に、もう1度気持ちを奮い立たせることとなる。

「稼げるのは野球だけじゃないからね」

 その言葉にどこか救われた想いがしたし、ほんの少し勇気がもらえたような気がした。高濱がこう振り返る。

【次ページ】 「代打枠」として割り切る。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

千葉ロッテマリーンズ
高濱卓也

プロ野球の前後のコラム

ページトップ