JリーグPRESSBACK NUMBER

「シュートはゴールへのパス」なのか?
大木武と大黒将志の理論から考える。 

text by

渡辺功

渡辺功Isao Watanabe

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2019/05/10 08:00

「シュートはゴールへのパス」なのか?大木武と大黒将志の理論から考える。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

岐阜戦に続き、J2第12節徳島戦でもゴールを決めた大黒将志。39歳となった今もその得点力は錆びない。

「パスとシュートは根本的に違う」

「シュートはゴールへのパス」

 よく知られているジーコの言葉だ。だが、実際問題として、パスの精度が上がるようなペースでは、シュートの精度は上がってくれない。シュート技術の習得には、より多くの時間が必要になるのだろうか。大木監督に尋ねたことがある。

「パスとシュートでは根本的に違うと思います。もちろん『シュートはゴールへのパス』というのは、まさしくその通りなんですが、パスであれば受け手が動くことができますけど、ゴールは動かないですし、GKもいるワケです。

 シュートに対しては、どんな相手だって最後に身体を張って守ってきます。(パス以上に)より強いボール、よりコントロールされたボールでなくてはならない。そういう部分で少し違ってくる。もうひとつ、ワンランク上でないと、シュートというものは決まらない気がします。ある部分では、パスとシュートは非常に似ています。ですが、その点で言えば、パスとシュートは全く違うものだという気がするんです」

決定力不足という課題。

 特別な技術だからこそ、シュートの上手い(得点力の高い)選手は特別視され、引く手あまたで、高額のオファーが舞い込むようになる。

 外国籍選手枠の拡大によって、資金力のあるクラブはこれまで以上に、得点力の高い選手を数多く連れて来ることができるようになった。

 そのなかにあって、藤本憲明(大分トリニータ)、鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)、知念慶(川崎フロンターレ)、古橋亨梧(ヴィッセル神戸)、鈴木孝司(FC琉球)、食野亮太郎(G大阪U-23)といった一味違ったFWの顔ぶれが、各カテゴリーの得点ランキング上位に進出している。

「決定力はどうすれば向上するのか」

 この命題に対する、正解はひとつではない。それぞれの答えを求めて、選手や指導者たちが試行錯誤する。そんな様子を見ていくのも、Jリーグの楽しみ方のひとつだろう。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

栃木SC
大黒将志
FC岐阜
大木武

Jリーグの前後のコラム

ページトップ