サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

つなぎたい森保ジャパンのGK問題。
東口・シュミット・中村の足元比較。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byJFA/AFLO

posted2019/03/22 11:30

つなぎたい森保ジャパンのGK問題。東口・シュミット・中村の足元比較。<Number Web> photograph by JFA/AFLO

Jリーグでも外国人を起用するクラブが増え、GKの層は薄い。(左から)東口、中村、シュミットへの期待は高い。

競争と、レギュラーが固まらないこと。

 アジアカップ同様にビルドアップへの参加を求めるなら、シュミット・ダニエルか中村航輔がスタメン候補に浮上してくる。一方で、ゴールを守るというGK本来の役割を比較の基準とすれば、東口を加えた三つ巴の争いになっていく。アジアカップ後にサガン鳥栖からポルティモネンセへ移籍した権田も、新天地で出場機会を増やせば競争に戻ってくるに違いない。

 同じようなクオリティのGKを複数抱えることができているのは、森保監督の日本代表にとって好材料だ。とはいえ、レギュラーが固まっていないことはまた別の論点である。

 戦いのレベルが上がっていくほどに、ディティールが問われていく。GKとDFの連係不足やはっきりとしたミスでピンチを迎えたら、たとえ失点につながらなくてもチームはリズムを失う。相手を勢いに乗らせてしまう。それが短期集中の連戦なら、大きな損失となって結果に跳ね返ってくる。

 '10年のW杯から'14年へ、'14年のW杯から'18年へのつながりでは、川島永嗣を軸としてGKが選考されていった。'22年のW杯を見据える現在は、8年ぶりの世代交代をはかっている。序列をはっきりさせるには相応の時間が必要かもしれないが、そろそろ最初の決断をしていいのではないだろうか。

 コロンビア戦とボリビア戦を経て6月のコパ・アメリカへ向かっていくのが、'19年のロードマップとしてふさわしいはずである。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
森保一
権田修一
東口順昭
シュミット・ダニエル
中村航輔
カタールW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ