Jをめぐる冒険BACK NUMBER

鎌田大地がポスト大迫になれる理由。
ゼロトップ的ストライカーの可能性。

posted2019/03/20 11:00

 
鎌田大地がポスト大迫になれる理由。ゼロトップ的ストライカーの可能性。<Number Web> photograph by AFLO

鎌田大地はベルギーリーグで得点ランク5位につけるなど活躍中だ。日本代表のFW争いに割って入れるか。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

AFLO

 その言葉には、欧州2シーズン目に懸ける、不退転の覚悟が滲んでいた。

 昨年10月のムスクロン戦のことである。2-1とシント・トロイデンがリードして迎えた後半アディショナルタイム。自身が倒されて得たPKを自ら蹴ってシーズン3点目のゴールを叩き込んだ鎌田大地は、ボールをユニホームの腹に入れ、おしゃぶりのポーズでゴールセレブレーションを行なった。

 数日前に、待望の第一子が誕生したばかりだった。

 生まれてきた子どもへの感謝と妻への労いの気持ちを伝えるため、PKキッカーを志願したように思えたが、鎌田はきっぱりと否定した。

「いや、パフォーマンスがしたいというより、僕は本当にこの1年、結果が大事だと思っていて。純粋に得点数を増やしたかったんです」

 そこで鎌田はひと呼吸置き、鋭く、こう続けたのだ。

「これ以上もう、(海外での挑戦で)下はない。ここでダメだったら、Jリーグに戻るしかなくなる。それくらいの覚悟でいるので、まだまだ足りないと思います」

森保監督も満を持しての招集。

 22日から始まる3月シリーズでコロンビア、ボリビアと対戦する日本代表に、ベルギーのシント・トロイデンに所属する鎌田が初選出された。

 選出の理由について森保一監督は「ゴールという結果を残しているし、昨年視察した際にも、攻撃の起点として、核として機能していた」と語った。

 実際、森保監督は昨年11月シリーズでの招集を視野に入れていたようだが、鎌田自身のコンディションの問題もあって実現しなかった。アジアカップを終えたこのタイミングでの招集は、「満を持して」と形容していいだろう。

【次ページ】 なぜストライカーとして覚醒したか。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鎌田大地
シント=トロイデン
大迫勇也
森保一

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ