オリンピックPRESSBACK NUMBER

ドーピング選手に負けて人生が激変。
ソチでは日本選手も被害、平昌では? 

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/01/15 11:00

ドーピング選手に負けて人生が激変。ソチでは日本選手も被害、平昌では?<Number Web> photograph by AFLO

2大会連続五輪入賞の夢はならなかった辻。ロシアのドーピング問題は、各国アスリートにも影響する。

ドーピングとは努力やサポートを踏みにじる行為だ。

 ソチ五輪後に宮沢選手がこう話していた。

「冬季スポーツへ理解がある企業や後援会の皆さんのサポートがあって競技を続けられている状態です。次の平昌五輪も目指したいのですが、どこまで(資金的な)体力が続くか分からない」と。

 彼らは幼い頃からの憧れの舞台「オリンピック」を目指して日夜努力をしている。冬季競技は資金的にも恵まれない選手が多く、選手や関係者、支援企業の情熱が支えている部分も多い。ドーピングとは彼らの努力やサポートを踏みにじる行為だ。

 1カ月後に迫った平昌五輪。クリーンな選手の活躍とともにドーピングによる被害者が最小限になることを願ってやまない。

関連記事

BACK 1 2 3
恩田祐一
宮沢大志
辻麻希
ソチ五輪
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ