オリンピックPRESSBACK NUMBER

アイスホッケー姉妹、2人で五輪へ。
床亜矢可&秦留可の夢は両親に……。

posted2018/01/24 07:00

 
アイスホッケー姉妹、2人で五輪へ。床亜矢可&秦留可の夢は両親に……。<Number Web> photograph by AFLO

スマイルジャパンでの活躍が期待される床亜矢可(左)と秦留可。2人の競演がリンク上を熱くする。

text by

神津伸子

神津伸子Nobuko Kozu

PROFILE

photograph by

AFLO

 4年前は1人だった。

「姉妹そろって五輪へ行く」。そう誓ったはずなのに。

 ソチ五輪直前、アイスホッケー女子日本代表スマイルジャパンの飯塚祐司監督(現コーチ)からの出場選手内定の電話に先に出たのは、姉の床亜矢可(とこ・あやか)だった。姉はメンバー入りし、妹・秦留可(はるか)は落選した。

 電話の向こうで、ずっと泣いていたのは姉の方だった。飯塚は、そう記憶している。

 両親は、姉妹が揃って五輪に出れる日まではと、ソチへは行かなかった。

 秦留可は平昌五輪に必ず出場すると決意を固め、「人生で最も努力した4年間」を過ごし、そしてリベンジを果たした。平昌では、家族全員が揃う。

ロシアとの親善試合では姉妹が得点に絡む活躍。

 スマイルジャパンは昨年、世界の強豪があつまるフィンランドでの大会で1勝も挙げられなかった。

 チーム力は、ソチ五輪に比べて格段に上がっているが、主将の大澤ちほが「得点力がない。結果が出せない」と語る通り、現時点で課題ははっきりとしている。

 フィンランドから帰国後は集中的に攻撃を強化し、迎えた年末、チームはロシアとの親善試合2連戦に臨んだ。会場は長野五輪の舞台となったビッグハット。未来のスマイルジャパンを目指す少女たちや、多くのファンが集まった。

 その声援に押され、スマイルジャパンは奮闘する。先制されながらも逆転し、3ピリオド途中までは4-2とリード。しかも、2点目は亜矢可がゴールを決め、秦留可とエース久保英恵がアシスト。4点目を決めたのは秦留可で、アシストに回ったのは亜矢可と久保だった。

「姉妹の大活躍で、世界ランキング4位に勝利!」

 そんな見出しが、頭の中で躍っていた。しかし、そこからみるみる追い上げられ同点。延長戦でも決着がつかず、サッカーのPK戦にあたるゲームウィニングショットで敗れた。試合後、泣きじゃくるゴーリー(ゴールキーパー)小西あかねの姿が忘れられない。

 それでも2試合目は、五輪最終予選で補欠だった獅子内美帆が活躍し、貴重な勝利を挙げた。姉妹のワンツーゴールでの勝利はお預けとなったが、チームは自信を取り戻した。

【次ページ】 姉妹対決では「妹の涙を見るのが本当に辛かった」。

1 2 3 NEXT
床亜矢可
床秦留可
平昌五輪
オリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ