ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

豪州担当スカウトが見た大迫の価値。
「彼の1トップで日本は変わった」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/09/17 09:00

豪州担当スカウトが見た大迫の価値。「彼の1トップで日本は変わった」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

相手を背負ってボールを収める。シンプルだが日本人FWが最も不得手とする類のプレーを大迫は難なくこなしている。

大迫の採点はあまり良くないかも知れないけど。

<2017年8月31日:試合後>

「日本の完勝だったけど、やはり大迫の存在は大きかった」

――彼がいなかったら展開は全然変わっていた。あれだけ戦って、たとえ前は向かなくとも少なくとも奪われないのは。

「ほかのアジアのチームより、オーストラリアは強いので手こずってはいました。もっと出来るという悔しさが本人に残る試合だと思いますが、やはり一番効いてましたね。本人は納得いかないでしょう。ミスも多かったし。でも十分なぐらいできていたと思います。

 オーストラリアは(大迫を)相当嫌がってました。空中戦でミリガンは勝てなかったし、セインズブリーとスピラノビッチはそこそこ勝っていたけれど、普通ならオーストラリアがそこで前に出て勢いに乗れるところを止められていた。あれっ、ここで抑えられるのかという。

 今までの日本にはなかった武器でしたね。そう考えると井手口と大迫の存在はけっこう大きいなと。採点をすると大迫はあまり良くないかも知れないけど」

――とはいえ彼がいてこそチームのプレーができていたというのはあった。

「改めて嫌な選手だと思いますよ(笑)。イコール素晴らしい選手なんですけれども」

 今矢直城の分析に基づく日本対オーストラリア戦の勝敗のポイントに関する詳細なレポートは、現在発売中のNumber臨時増刊号に掲載されているので、そちらもぜひ併せてお読みいただきたい。
新生日本代表いざ、ロシアへ。

Sports Graphic Number 2017/9/15臨時増刊

新生日本代表
いざ、ロシアへ。

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
大迫勇也
井手口陽介
杉本健勇
岡崎慎司
今矢直城
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ