藤田俊哉の日欧蹴球比較論BACK NUMBER

欧州クラブは日本人選手のここを見る。
藤田俊哉が考える海外移籍の核心。 

text by

藤田俊哉

藤田俊哉Toshiya Fujita

PROFILE

photograph byToshiya Fujita

posted2017/07/27 11:30

欧州クラブは日本人選手のここを見る。藤田俊哉が考える海外移籍の核心。<Number Web> photograph by Toshiya Fujita

藤田俊哉氏が加入したリーズ・ユナイテッドは、1991-92シーズンにはプレミアを制した名門。順調なステップアップと言えるだろう。

10代の選手にはどんな練習、経験が必要なのか。

 では改めて、ヨーロッパのプロの世界で「若手」とは何歳くらいをイメージするのか?

 一般的に考えれば17~19歳だろう。VVVフェンロでは、アカデミーでプレーしていた15歳のGKをトップチームのトレーニングに参加させ、1年後に16歳でプロ契約したケースもある。

 では10代の選手たちにとってどのような経験、トレーニングを積んでいくことがベストなのだろうか。これは永遠に議論されていくテーマだが、やはりボールを蹴る(距離、スピード、種類)こととボールを止めることが大切になる。単純ではあるけれど、このトレーニングを徹底して、レベルアップを図ることが重要になる。蹴る止めるのレベルが高ければ高いほど、その後に大きなチャンスが巡ってくる。

 海外移籍を目指すのであれば、語学力も必須となる。語学の準備ができているだけでも、成功の可能性は格段に上がるだろう。もちろん海外遠征などを経験できればさらにいい。できることなら中学生までに海外旅行や遠征などで、日本以外での生活を体験してもらいたい。そうすることで日本の良さを改めて感じることができ、日本がさらに好きになるかもしれない。積んだ経験を踏まえて、海外挑戦について考えていけばいい。

 今回の堂安選手の移籍は、あらためて海外移籍の難しさ、魅力について考えるきっかけになった。

 最後になるが、私自身も新シーズンからイングランドのリーズ・ユナイテッドに“移籍”することになった。肩書は「Head of Football Development-Asia LUFC」。監督をマネジャーと呼ぶ国で、フロント側の仕事をしながら強化に携わり、チームマネジメントを学びたいと考えている。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
藤田俊哉
堂安律
VVVフェンロ
リーズ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ