畠山健介のHatake's roomBACK NUMBER

畠山健介、トップリーグを考える。
15人中11人が日本人なのだから。 

text by

畠山健介

畠山健介Kensuke Hatakeyama

PROFILE

photograph byKensuke Hatakeyama

posted2017/01/05 17:00

畠山健介、トップリーグを考える。15人中11人が日本人なのだから。<Number Web> photograph by Kensuke Hatakeyama

2017年の初詣の大國魂神社にて。おみくじは「末吉」だったけど、そのお告げ内容は上々!?

リーグと代表育成が調和するニュージーランド。

 オールブラックスは2011、2015年とW杯2連覇中。

 SRでは過去6年間で4回、ニュージーランド勢が優勝している。昨シーズン、ハリケーンズが優勝したことで、ニュージーランドの5つのチーム全てがチャンピオンを経験したことになった。また自国リーグのMitre10カップは育成の場となっており、トップ選手だけでなく、若手も経験を積めるシステムがニュージーランドでは確立されている。

 では、日本はどうか?

 12チームでスタートしたトップリーグは現在16チームとなり、毎シーズン、ベストなフォーマットを模索し、試行錯誤を繰り返している。

 僕はトップリーグ9年目になる。僕の感覚としては、年々リーグ自体のレベルは上がっていると思うが、それぞれのチームの強さには差が出てきていると感じる。

 どこで差が出るか?

「日本人選手」だと僕は思う。

外国人、アジア枠、特別枠、帰化した選手。

 トップリーグの公式戦には1試合に4名の外国人選手が出場可能。登録は1チーム何人でも可能だが、グラウンドに出れる外国人選手の枠は2人。

 さらにアジア枠(日本以外のアジア出身選手)が1人、さらに今季から採用された「特別枠選手」として1人、グラウンドに立てる。

 特別枠選手とは「当該年度の6月末時点で他国の代表になっていない選手」のこと。つまりニュージーランドで生まれ育ち、ニュージーランド国籍だが、ニュージーランド代表としてテストマッチに出ていない選手は年齢、能力に関係なくトップリーグに出場できるということだ。

 つまり、トップリーグでは外国人枠を全て使うと、外国人選手4名プラス日本人(帰化選手含む)11名というチーム構成になる。

 4名以上試合に出ているチームあるよ? と思った人もいるだろう。それは帰化をして日本国籍を取得した選手は「日本人」として試合に出れるためだ。

 彼らは国籍を変えてまで日本でプレーをしたいと思ってくれた親日家でもある。僕はそんな彼らに心からの敬意を払いたい。

【次ページ】 “怪物”外国人選手だけではリーグを勝ち抜けない。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

畠山健介
サントリーサンゴリアス
ヤマハ発動機ジュビロ
サンウルブズ
鹿島アントラーズ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ