畠山健介のHatake's roomBACK NUMBER

畠山健介、トップリーグを考える。
15人中11人が日本人なのだから。 

text by

畠山健介

畠山健介Kensuke Hatakeyama

PROFILE

photograph byKensuke Hatakeyama

posted2017/01/05 17:00

畠山健介、トップリーグを考える。15人中11人が日本人なのだから。<Number Web> photograph by Kensuke Hatakeyama

2017年の初詣の大國魂神社にて。おみくじは「末吉」だったけど、そのお告げ内容は上々!?

“怪物”外国人選手だけではリーグを勝ち抜けない。

 そういったチームは抜きにして考えれば、4名の外国人選手と11名の日本人選手。比率は日本人選手が73%で、外国人選手は3割にも満たない。どれだけ優れた外国人選手がチームに加入しても、チームを構成する(1試合にグラウンドに立てる)約73%の日本人選手のプレーの質がより重要なはずだ。

 サンゴリアスにはジョージ・スミスという“怪物”がいる。彼は世界的なプレイヤーで能力も飛び抜けている。未だにワラビーズ復帰を望む声さえある。日本の解説や実況は彼のプレーを絶賛し、どの試合でもキープレーヤーとしてあげる。それに全く異論はないし、近くで見ているからジョージがいかに“バケモノ”かも分かる。もし僕が監督で、ジョージがいるチームと対戦するなら彼を“要注意人物”として警戒するだろう。

 しかし、ジョージ以外の選手が皆、高校生ほどの能力だったらどうだろうか? ヤマハやパナソニック、神戸製鋼などトップリーグのチームに勝利し続け、優勝できるだろうか?

 パナソニックのベリック・バーンズしかり、怪物級が1、2人いただけでは2、3試合の勝利数は増えるかもしれないが、長いシーズンを経てのチャンピオンにはなれない。

パナソニックが3連覇できるほど強かった理由。

 イメージとしては、日本人選手だけでトップリーグ3、4位ぐらいの成績を残せるチームに、約26%の能力と経験のある外国人選手を加えることで、チーム力がグッと増して、トップリーグでチャンピオンになれる。

 パナソニックがなぜ3連覇できるほど強いのか? 26%の外国人選手枠での有効な強化ができていることに加えて、73%の日本人選手のレベルが高いからだ。ベテラン、中堅、若手に代表選手や代表経験者が在籍し、プロ選手も多いのでラグビーに向き合う時間も長い。日本人選手の能力とラグビーナレッジのレベルが非常に高いのだ。

 どの国の外国人選手を加入させるか? ではなく、どのようにして日本人選手を育て、強化するかが重要だ。

 大学生では怪物級でも、トップリーグでさらにレベルアップするには、明確なビジョンと正しい知識を伴う強化が必須だ。

【次ページ】 国内リーグで外国人選手が台頭すると代表は弱くなる。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

畠山健介
サントリーサンゴリアス
ヤマハ発動機ジュビロ
サンウルブズ
鹿島アントラーズ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ