Jをめぐる冒険BACK NUMBER

大久保、憲剛の「代役」ではなく――。
川崎・小林悠、三好が見せた自分の色。

posted2016/09/28 11:00

 
大久保、憲剛の「代役」ではなく――。川崎・小林悠、三好が見せた自分の色。<Number Web> photograph by AFLO

小林はこの日の決勝弾で大久保と並ぶ今季リーグ戦15得点目をマーク。得点ランク1位のピーター・ウタカとは3点差と得点王も射程圏内だ。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

AFLO

 その瞬間、小林悠が抱いていたのは、チームメイトとは異なる感情だった。

 9月25日に行なわれたJ1セカンドステージ13節、3位・川崎フロンターレ対4位・横浜F・マリノス戦。川崎のGK新井章太の負傷によって設けられた9分ものロスタイムの6分と8分にゴールを許した川崎は、安全圏だと思われていた2点のリードを、あっと言う間に失った。

 バタバタと倒れ込んだり、膝に手をやってうなだれたりする川崎の選手たちと、「まだ終わってないぞ!」と手をたたき、必死に鼓舞するキャプテンの中村憲剛。

 だが、小林は、怒りに身体を震わせていた。

「ふざけんな、何しているんだ! って思っていました」

 大久保嘉人が出場停止のため、従来のサイドハーフや2シャドーではなく、1トップに入った日本代表FWの脳裏に浮かんだのは、前節の屈辱だった。

 大宮アルディージャに2-1とリードしながら84分に追いつかれると、89分に逆転ゴールを食らって、敗れたばかりだったのだ。

「前節にああいう負け方をして、勝点3を取るのがいかに難しいかを学んだはずなのに、ああいう失点をするなんて、本当にありえない」

90+10分、「来い、来い、来い」の決勝ヘッド。

 もっとも、怒りで自分を見失うのではなく、その怒りを自分のパワーに変換できるところが、小林の魅力だろう。

「ロスタイムが長すぎて、あと何分なのか分からなかったので、もしかしたら、まだあるんじゃないかって。それなら自分が絶対に決めてやる。そういう強い気持ちを切らさず、俺のところに『来い、来い、来い』って思っていたんです」

 90+10分、その執念が、実った。

 中村の右コーナーキックが逆サイドに流れると、それを拾った田坂祐介がゴール前にクロスを入れる。ニアに飛び込んだ森本貴幸の背後で待っていたのが、小林だった。

 首を振ってボールの軌道を変えると、横浜ゴールの右サイドネットが揺れる。激闘の終わりを告げるホイッスルが吹かれたのは、その50秒後のことだった。

 この勝利で川崎は年間順位1位の座を守り、セカンドステージ2位に返り咲いた。

【次ページ】 チームを救った小林は、三好のミスも帳消しにした。

1 2 3 4 NEXT
小林悠
川崎フロンターレ
横浜F・マリノス
中村憲剛
大久保嘉人
森本貴幸
三好康児
田坂祐介

Jリーグの前後のコラム

ページトップ