スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

サンウルブズ、初勝利は最高の良薬。
発案者エディーの志を今こそ考える。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAtsushi Kondo

posted2016/04/26 15:15

サンウルブズ、初勝利は最高の良薬。発案者エディーの志を今こそ考える。<Number Web> photograph by Atsushi Kondo

スタンドは満員とは言えなかったが、熱狂的な応援でフィールド上の“オオカミ”たちを後押しした。

では、エディー・ジョーンズの意見をどう具体化する?

 エディー・ジョーンズ氏だけでなく、先週末だけで関係者から次のような様々な意見を耳にした。

「2017年のサンウルブズは当然のことながら、日本代表に近い形にしたい。いや、しなければならない」

「リーチ(マイケル/チーフス)やツイ(ヘンドリック/レッズ)のように、海外のスーパーラグビーのチームでレギュラーを張っている選手に関しては、海外でプレーしてもらった方がいいのではないか。それは去年のリーチが証明している」

「五郎丸(歩/レッズ)、松島(幸太朗/レベルス)のように、出場機会が少ない選手は、サンウルブズに入ってもらった方が強化につながる」

 いずれの課題も協会、サンウルブズのマネージメント・サイドの力量が問われることになりそうな案件だ。

この1勝で、来年をどうするのかが見えてきた。

 2019年のW杯に向けて、来年は重要な1年になることは間違いない。エディー・ジョーンズ氏は「一般論」として、こんなことを話していた。

「W杯を2年後に控えた時点では、前回のW杯のメンバーのうち、誰が生き残れるかどうか、判断しなければなりません」

 つまり、どんなメンバーでW杯を戦うのか、青写真が見えてくるということだ。代表の練習期間が限られている以上、サンウルブズが選手のセレクション、青写真を描くにあたって重要な役割を担うことは間違いない。

 次期HCに決まっているジェイミー・ジョセフ氏(現ハイランダーズHC)が、どのようなマネージメントを考えているかも気になる。

 サンウルブズの1勝はようやく未来に向けての議論が出来る土壌を耕したようだ。

 次戦は5月7日、東京・秩父宮ラグビー場で行われるフォースとの試合になる。

 この一戦は是が非でもモノにしたいところだ。それがサンウルブズの魅力アップにつながり、最終的には代表の強化へと結びつく。

 今年の戦いは7月まで続くが、来年に向けてのプランニングもより重要になってきた。

関連記事

BACK 1 2
マーク・ハメット
エディー・ジョーンズ
ジェイミー・ジョセフ
リーチ マイケル
五郎丸歩
松島幸太朗
サンウルブズ
チーターズ
ジャガーズ
ツイ ヘンドリック

ラグビーの前後の記事

ページトップ