野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

ヤクルト芸術家、まさかのブレイク!?
真中新監督もながさわ画伯の毒牙に! 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byHirokazu Kobayashi/pia

posted2015/02/06 10:30

ヤクルト芸術家、まさかのブレイク!?真中新監督もながさわ画伯の毒牙に!<Number Web> photograph by Hirokazu Kobayashi/pia

東京・新宿区で行なわれた個展会場にて、取材陣にポーズを求められるながさわ画伯。いつになく晴れやかな笑顔だ。

「ながさわくん、君はもうファンじゃないよ」

 昨年のシーズン終了後。もはや定例となっているシーズンの作業報告(勝手にやっている)と来季のプレゼンのため、球団事務所を訪れたながさわは、その場所でこれまでにない辛辣な意見をされたという。

「……ながさわくん、君はもうファンじゃないよ。パネルは売っているし、本も出すとなればお金が入ってくる。選手を使って商売しているじゃないか。もう君をファンとしては見られないよ」

 至極もっともなご意見。思えば球団としても厄介な存在にまとわりつかれたものである。昨年、非公式ながら「球団としてはこれ以上協力はできない」と最後通告をしたにも関わらず、尚もしつこくつきまとってくる、この“選手志望のやたら行動的な芸術家”は、年々周囲のファンの賛同を得ながらその存在感を増しつつあり、行動も無視できなくなってきている。

「まぁ、でも覚悟していたところはありました。昨年の活動においても、毎試合の絵を描く以外に『ながさわが選ぶベストナイン』を一人ずつカードにして神宮球場でお客さんに無料配布していたんですけど……。8人を配り終えたところで、球団から『違法行為だぞ』とストップが掛かってしまいまして。お客さんは喜んでくれるんだけど、球団からは煙たがられる、そんな歪な状況になってしまっています」

 球団は球団でいろいろと考えながら公式のファンサービスを提供しているわけだから、ながさわに独断でお客さんへアプローチされると、それはそれで色々と面倒なことが起こりかねないのは理解できる。

よかれと思っての行動も、球団からすれば……。

 チームとファンのためを思い、よかれと思っての行動だとしても、多くの人が動く球団側からすれば、ながさわのそれはテロ行為以外の何物でもない。

 されどながさわとて、4年もの間己の芸術のためすべてをスワローズに捧げてきた自負がある。いまさら踏み込んだアクセルを緩めることもできず、さりとて“選手”を自称する以上、球団と衝突することは絶対にしたくない。

 ながさわは、やむなく球団に従った。警告されている以上、展覧会を告げるDMにもこれまでのように選手の絵、スワローズの名を使うことは自粛するしかなく、出版した本などの肖像権に関しても、すべての描いた人物に許可をとって掲載している。

【次ページ】 一蓮托生と惚れ抜いた小川監督が昨年限りで退任。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東京ヤクルトスワローズ
真中満
山田哲人

プロ野球の前後のコラム

ページトップ