スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

マッド・マックスと豪華投手陣。
~田中将大の1.5倍の超大型契約~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/02/07 10:40

マッド・マックスと豪華投手陣。~田中将大の1.5倍の超大型契約~<Number Web> photograph by Getty Images

7年総額2億1000万ドルでナショナルズに入団したマックス・シャーザー。2013年には21勝を挙げサイ・ヤング賞に輝き、昨季も18勝で2年連続で最多勝のタイトルを獲得した。

 イチローがマーリンズと契約した時期にほぼ重なったため、日本ではあまり話題にならなかったが、FA市場最大の目玉マックス・シャーザーをナショナルズが獲得した。

 当然、アメリカでは大騒ぎだった。総額2億1000万ドルの7年契約は、あのクレイトン・カーショーがドジャースと交わした7年総額2億1500万ドルの契約とほぼ同等だ。しかも支払い方法は、毎年1500万ドルずつを14年間。シャーザーは現在30歳だから、44歳になっても……。

 身も蓋もない話をするようだが、これほどの条件が提示されることは大リーグでも珍しい。ジャスティン・ヴァーランダー(7年総額1億8000万ドル)、田中将大(7年総額1億5500万ドル)、ジョン・レスター(6年総額1億5500万ドル)と比べても、マッド・マックスことマックス・シャーザーの高評価がよくわかる。無理もない。過去3年間で55勝+723奪三振というデータは、パワーピッチャーのお手本といってよい。

ナショナルズの先発陣は、ものすごい陣容に。

 金の話はほどほどにしておこう。それにしても、ナショナルズの先発投手陣はものすごい陣容になった。

 シャーザー+ジョーダン・ジマーマン+スティーヴン・ストラスバーグ+ダグ・フィスター+ジオ・ゴンザレス+タナー・ローク。どの球団に行っても2番手以下に落ちない先発投手を6枚もそろえたのは、壮観としかいいようがない。グレッグ・マダックス+トム・グラヴィン+ジョン・スモルツ+スティーヴ・エイヴリーを擁した'90年代のブレーヴスと比べても、さほど遜色はないのではないか。あのときは、グラヴィンが'91年と'98年の2度、マダックスが'93~'95年の3度、スモルツが'96年に1度、ナ・リーグのサイ・ヤング賞を獲得した(マダックスは'92年のカブス時代にも獲得)。

 ナショナルズの6人は年齢が近い。最年長のフィスターが'84年2月生まれで、最年少のストラスバーグが'88年7月生まれ。今季の開幕を迎えるときは、26歳から31歳までの働き盛りだ。彼ら6人の2014年シーズンの勝ち星合計は87勝。これがそっくり平行移動されるとは限らないが、ナ・リーグのペナントが射程圏内にあることはまず確実だ。

【次ページ】 6人中3人が2年以内にFAの権利を取得するが……。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

プロ野球の前後のコラム

ページトップ