Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<侍JAPANの異次元スラッガー>
糸井嘉男×柳田悠岐「結成! 夢の超人タッグ」 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byYasuyuki Kurose

posted2014/11/20 11:30

<侍JAPANの異次元スラッガー>糸井嘉男×柳田悠岐「結成!  夢の超人タッグ」<Number Web> photograph by Yasuyuki Kurose
数字や勲章を並べるだけでは、彼らふたりの非凡さは表現できない。走・攻・守の全てにおいて桁外れ。“21世紀の超人伝説”を生きる彼らは、どんな物差しで野球を捉えているのか。夢の異色対談一本勝負、ファイッ!

 一流のアスリートが集結する異次元ワールド=プロ野球界の中でも同業者たちが「あのふたりはモノが違う」と半ば呆れて太鼓判を押すのがバファローズの糸井嘉男とホークスの柳田悠岐だ。糸井は今季、6年連続の打率3割に加え、初の首位打者に輝いた。一方の柳田は入団4年目にして3割到達、オールスターMVPに輝くなど大躍進を遂げている。

 規格外のスケールを持つ両者の夢の対談は、ふたりが初めて言葉を交わした2年前の思い出話から幕を開けた――。 

柳田   あれは2012年、帯広での試合の前でしたよね。ぼく、秋山幸二監督に連れられて、糸井さんが打撃練習してるところを見に行ったんです。監督は「これなんだよ」「軸がぶれねえだろ」って言ってました。自分とタイプが似ている糸井さんを見習えということだったんです。

糸井   あの時、打撃ケージの後ろでふたりが喋っていて、めっちゃやりづらかった(笑)。でも、それ以前からギータ(柳田)のことは知ってたよ。バカみたいに飛ばす奴がおるって。1年目、ファームでホームラン王になったよね?

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

柳田悠岐
糸井嘉男
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ