野球クロスロードBACK NUMBER

両チームで対照的な「2勝」の意味。
「スコット鉄太朗」は巨人を支えきるか。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2013/10/31 11:45

両チームで対照的な「2勝」の意味。「スコット鉄太朗」は巨人を支えきるか。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

今年はレギュラーシーズン64試合に登板、防御率は1.22、42ホールドポイントで自身3度目となる最優秀中継ぎ投手に輝いた山口。

リリーフ陣の厚みを増した、指揮官の英断。

 その決意が明確に表れ始めたのが、'12年からだった。

 この年に加入した、最速160キロのストレートを誇るマシソンを中継ぎに、西村を抑えに抜擢した。そこに絶対的な存在である山口が加わることで、ゲーム終盤を支配する投手陣の厚みがさらに増した。

 そこには当然、指揮官の英断もあっただろう。原辰徳監督の言葉がそれを物語っていた。

「選手に『監督は何を考えているんだろう』と思わせてしまうのは不健康です。だから僕は、選手と話をするときに『意思を伝えろ』と言います。その意思と意思とがぶつかり合う時、どんな苦境でも乗り越えられる術が見つかる。健康的な関係になります。我々の一番の目的は勝つこと。これは、そのために必要な作業なのです」

「任されている」ことへの責任感が力に。

 山口は、不動のセットアッパーとなれた要因について「監督から『任されている』と責任感を持てるようになった」と言う。今季、球団最多記録となる42セーブを挙げ、守護神の座を絶対的なものとした西村についても、山口はこう分析している。

「健太朗は元から力があったし、『あとは気持ちの問題だ』と思っていました。それが、最近ではいい場面で使われるようになって。あいつも監督の想いを理解して、いい緊張感のなかで投げられているから、いいパフォーマンスを出せているんだと思います」

 蹉跌を経ているからこそ、チームは明確な役割を選手に告げられる。指揮官の想いに共鳴した選手たちは、緊張感を責任感に転換させ、マウンドでの躍動を誓う――。

 巨人の勝利の方程式「スコット鉄太朗」は、そのようにして生まれたのだ。

 楽天打線が猛威を振るおうと、完全に貫けない最強の盾が今の巨人にはある。

 そんな最後の一撃を許さない盾の踏ん張りによって、鳴りを潜めている最強の鉾、巨人打線も輝きを取り戻すだろうか。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
東北楽天ゴールデンイーグルス
読売ジャイアンツ
原辰徳
星野仙一
山口鉄也
スコット・マシソン
西村健太朗

プロ野球の前後の記事

ページトップ