NumberEYESBACK NUMBER

佐藤琢磨、インディ初V。
ピースが揃った80周。
~経験を生かした52戦目での快挙~ 

text by

松本浩明

松本浩明Hiroaki Matsumoto

PROFILE

photograph byHiroaki Matsumoto

posted2013/05/13 06:00

佐藤琢磨、インディ初V。ピースが揃った80周。~経験を生かした52戦目での快挙~<Number Web> photograph by Hiroaki Matsumoto

ウイニングパレードでバンに乗り込み、喜びを爆発させる佐藤琢磨。

「本当うれしい! 信じられない、なんか夢みたい(笑)。勝てる時って、本当にあっさり勝てるものなんですね」。佐藤琢磨はそう笑った。

 4月21日アメリカのロングビーチで行なわれたインディカーシリーズ第3戦で琢磨が優勝。自身のインディカー初優勝にとどまらず、日本人としてアメリカンオープンホイールレース最高峰で初勝利という快挙だ。

 琢磨は'02年にジョーダン・ホンダからF1デビュー。BAR・ホンダでF1参戦した'04年には予選2位(ヨーロッパGP)、決勝3位(アメリカGP)という過去日本人最高位タイを記録、優勝も期待されていた。しかし'05年以降、顕著な活躍も少なくなり、'08年のスーパーアグリ撤退とともにF1のシートを喪失した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

佐藤琢磨

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ