NumberEYESBACK NUMBER

“最後のW杯”に燃える
男たちのドラマを見よ。
~デコ、カンナバーロ、プジョル~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/06/17 06:00

“最後のW杯”に燃える男たちのドラマを見よ。~デコ、カンナバーロ、プジョル~<Number Web> photograph by Getty Images

予選では10試合1得点のデコ。前回大会のベスト4を越えられるか。

 W杯という大舞台では、初出場の新人だからこそ生み出せる初々しいストーリーもある。しかし、「これで最後」というベテランの命を削るようなドラマも、見逃せないだろう。

 2006年ドイツ大会では、大会前にフランス代表のジダンが引退を発表し、それがチームの団結を呼び起こし、準優勝する原動力になった。2002年日韓大会では、アルゼンチンがまさかのグループリーグ敗退を喫し、バティストゥータが目に涙を浮かべながら代表引退を発表してファンの心を打った。

 今大会も“オヤジたち”のドラマは生まれるのだろうか?

 すでに代表引退を表明しているのが、32歳のポルトガル代表のデコだ。ブラジルから帰化して約7年、チームを引っ張ってきたが、「今大会を最後に若手に道を譲りたい」と発表した。ポルトガルは今大会の予選で苦しみ、前評判は低いが、「デコのために」とチームがひとつになれるかもしれない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 941文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

デコ
ラファエル・マルケス
フアン・セバスティアン・ベロン
ジョバンニ・ファンブロンクホルスト
ファビオ・カンナバーロ
カルレス・プジョル
南アフリカW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ