SCORE CARDBACK NUMBER

ドイツ代表が背負う、
アウシュビッツの十字架。
~EURO開催地ポーランドで議論~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/04/16 06:00

ドイツ代表が背負う、アウシュビッツの十字架。~EURO開催地ポーランドで議論~<Number Web> photograph by AFLO

今年で解放67年を迎えた収容所。1979年にはユネスコにより「負の世界遺産」へ登録された。

 開幕まで約2カ月となったEURO2012。ウクライナではリビウのスタジアム周辺整備の遅延や、約3倍に高騰するホテル代など、運営面の問題が指摘されているが、共催国ポーランドでは別の議論が起きている。

 それが、ドイツ代表は大会中にアウシュビッツ強制収容所を訪問すべきか否か、というものだ。

 第二次世界大戦中、同収容所ではナチスにより110万人以上に及ぶ大量虐殺が行なわれた。ドイツ・ユダヤ人中央評議会のディーター・グラウマン氏は「ドイツは歴史上の責任を認め、世界にそれを示すために施設を訪れるべきだ。彼らの訪問は多くの記念スピーチよりも効果がある。来ないとすれば、それは信じがたいことだ」と訪問を強く求めている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 606文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

海外サッカーの前後の記事

ページトップ