ベースボール・ダンディBACK NUMBER

“守備の華”遊撃手で最高の選手は?
20年間の数字から見えた、ある真実。 

text by

田端到

田端到Itaru Tabata

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto/Hideki Sugiyama/Koji Asakura

posted2010/01/22 10:30

“守備の華”遊撃手で最高の選手は?20年間の数字から見えた、ある真実。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto/Hideki Sugiyama/Koji Asakura

「平成の牛若丸」「小坂ゾーン」と称される守備の超人・小坂。

「平成の牛若丸」「小坂ゾーン」など、小坂の守備の超人ぶりを表現する言葉は多いが、それが記録でも証明されている。

 かつて城島健司は「小坂さんがいると、毎試合ヒットを1本損する」と、あきらめたように語っていた。

 全盛期の小坂のプレーを球場で堪能できた人たちは幸せだと思う。

 どんな記録を参考にしたとしても……まさに20年にひとり(本当は30年と言いたいが)の守備の達人と言っていいだろう。

 ちなみにレンジファクターが1違うということは、1試合あたりアウトにする数が1違う。すなわち年間144試合なら144アウト違うことを意味する。

 打率3割の打者と、打率2割の打者では、年間500打数とすると、ヒット50本の違いしかない。しかし、一流の遊撃手と三流の遊撃手では、年間でアウトにする数が100~150も違うのである。

 守備の下手な3割打者と、守備の上手い2割打者にはどちらに価値があるだろうか。

今後、大いに期待したい“華のある遊撃手”大引啓次。

 最後に今後の飛躍が期待される、若手の名前を挙げておこう。

 '07年、'09年のRF1位、大引啓次(オリックス)だ。

 ひとめ見るだけで俊敏さがわかる、軽やかな足の運びとフィールディング。堅実さという点では危なっかしさも残るが、華のあるショートストップだと思う。

 大引の課題は打力だろう。いまひとつチャンスに弱く、パンチ力にも欠けるため、まだ完全レギュラー定着とまではいかず、それが守備の評価も妨げている。

 大引が不動の遊撃手として年間フル出場したとき、守備の名手としての評価もついてくるはずである。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

野村謙二郎
井端弘和
小坂誠
大引啓次
宮本慎也
東出輝裕
鳥谷敬

プロ野球の前後のコラム

ページトップ