詳説日本野球研究BACK NUMBER

故障者続出で不調の巨人だが……。
大田、藤村に未来の常勝軍団を見た! 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/06/02 10:30

故障者続出で不調の巨人だが……。大田、藤村に未来の常勝軍団を見た!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

5月25日、26日のソフトバンク戦、2試合連続の3安打猛打賞で存在感を見せた藤村大介。近い将来、ジャイアンツ打線不動の1番打者になる素質を秘めている

チームの打線の骨格は中軸のスケールによって決まる。

 バットが内側から出ない、外角球を引っかけるなど注文をつけたい部分はまだある。原監督が「色々と話したいことはある」というのもその辺りだろう。しかし、思い切りバットを振れるだけでも大進歩である。

 類まれな長距離砲の素材は、そんな簡単なところを突破するだけで様変わりする。T-岡田も上・下半身の動きを可能な限り封じ込めることによってブレークした。

 チームの打線の骨格は中軸のスケールによって決まる。

 多くの球団は在籍年数が短い外国人にその座をあてがい、彼らが辞めるたびに骨格の変更を余儀なくされているが、過去にはON(王貞治+長嶋茂雄)の巨人、AK(秋山幸二+清原和博)の西武のように、長く主軸を任せられる人材を擁し、黄金時代を築いたチームがあった。

 大田のブレークは単に大田の問題ではなく、次代の巨人がどういう骨格を備えるチームになるのかという、根本的な問題にまで発展する。だから大田は“キーパーソン”なのである。

藤村大介は1番打者として歴史に名をつらねる存在になれる。

 今現在の「実績のない選手半分」という構成は、数年後、巨人がどういうチームになるのかという謎かけみたいなものである。

 常に実績のない選手が半分占めるということでなく、今実績のない選手が成長して、坂本、阿部、長野たち実績のある組と混じり合い、絶妙のバランスを築き上げる――そういうチームになれる可能性を今の巨人は秘めている。ここで、大田とともになくてはならない選手に登場してもらう。

 藤村大介である。

 とにかく足が速い。足が速いと同時に足を緩めない。

 私は'06~'07年の2年間、藤村が在籍していた熊本工の試合を9試合見ている。そして驚くことに、目撃した33打席中、30本が、私が俊足の基準とする「(打者走者の)一塁到達4.30秒未満、二塁到達8.30秒未満、三塁到達12.30秒未満」だった。

 私がストップウオッチ持参で試合を見るようになった'02年夏以降、そんな選手は藤村ただ1人だけである。

 その「足を緩めない藤村」が、今も健在なのが嬉しい。

【次ページ】 大田20歳、藤村21歳……大きな未来が広がる巨人。

BACK 1 2 3 4 NEXT
原辰徳
大田泰示
藤村大介
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ