詳説日本野球研究BACK NUMBER

故障者続出で不調の巨人だが……。
大田、藤村に未来の常勝軍団を見た! 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/06/02 10:30

故障者続出で不調の巨人だが……。大田、藤村に未来の常勝軍団を見た!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

5月25日、26日のソフトバンク戦、2試合連続の3安打猛打賞で存在感を見せた藤村大介。近い将来、ジャイアンツ打線不動の1番打者になる素質を秘めている

大田20歳、藤村21歳……大きな未来が広がる巨人。

◇5/25 ソフトバンク戦

[1]左安打4.40秒、[2]一塁ゴロ4.45秒、[3]中安打4.08秒、[4]中安打4.09秒

◇5/26 ソフトバンク戦

[1]中安打4.14秒、[2]バント安打3.72秒、[3]三振、[4]中安打4.08秒

※ [ ]内数字は打席数

 ちなみに、二軍の開幕戦では第4打席の遊撃ゴロのとき4.10秒で一塁を駆け抜けている(あとの4打席は2つの四球と、2つの三振)。藤村がいかに足を緩めず全力疾走を続けているかわかる。

 全力疾走とは「全力プレー」でもある。精神に緩み・弛みがないことをこれほど現すものはないと思う。

 3、4番の中軸とともにチームの骨格を決めるのが1、2番である。とくに1番打者に人材を得たチームは強い。古くは与那嶺要がいた第2期黄金時代の巨人、柴田勲がいたV9巨人、福本豊がいたV3阪急、石毛宏典、辻発彦がいた西武など、黄金時代を築いたチームには必ず有力な1番打者がいた。藤村はそういう歴史に名をつらねる存在になれる素材である。

 大田20歳、藤村21歳――これほど若く可能性を秘めた1、4番候補が揃うチームは巨人以外にない。だから、巨人の試合は球場で見たい気分にさせられるのである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
原辰徳
大田泰示
藤村大介
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ