SCORE CARDBACK NUMBER

"過剰"で何か欠けている愛すべき男たちの物語。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2004/07/29 05:49

”過剰”で何か欠けている愛すべき男たちの物語。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

 紅茶の入ったティーカップをフォークボールの挟み方で持ち上げた村田兆治は、著者に向かって言った。「力を入れて取ってみろ」。言われた通りにするが、ティーカップはピクリともしない。

「村田さんの著書を編集していたときでした。他のマスコミ人にも必ずやってみせるそうなんですが、『僕は口下手だから言葉では伝えられない』と言って、そういうことをやるんですよ。そこに何とも言えない哀愁があるんです」

 無口で不器用。しかし不思議と人間を惹きつける魅力を持つ男。村田には今の日本人の多くが失ってしまった空気が満ちている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1085文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ATHENS2004 preview1サッカー五輪代表 終わらない夏。
村田兆治

プロ野球の前後の記事

ページトップ