SCORE CARDBACK NUMBER

己の原点に帰って復活した中日・山本昌 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2004/07/29 00:00

 前半戦を首位で折り返した中日にあって、落合博満監督が「アイツの頑張りがなければと思うとゾッとする」と言う活躍を見せたのが39歳のベテラン、山本昌である。リーグ一の防御率を残した中日の投手陣だが、開幕当初は決して万全ではなかった。昨年チーム最多勝の平井正史は調子が上がらず、朝倉健太も復活にはほど遠い出来、野口茂樹は投手としての転換期に苦しみ、エース川上憲伸も出遅れた。そんな中、コンスタントに投げ続けたのがドミンゴと山本昌だった。「投手コーチにとって、ローテーション通りに投げて、きちんとゲームを作ってくれるのが何よりありがたい。勝ち負けを越えて貴重な存在」と森繁和コーチもその価値を高く評価している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 624文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ATHENS2004 preview1サッカー五輪代表 終わらない夏。
山本昌
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ