プロ野球PRESSBACK NUMBER

カープ名捕手・達川光男が明かす“あの伝説の真相”「“ささやいた”ことは神に誓って、ない!」「昔はハードレンズだったからね」 

text by

佐藤春佳

佐藤春佳Haruka Sato

PROFILE

photograph byBUNGEISHUNJU

posted2022/08/30 17:26

カープ名捕手・達川光男が明かす“あの伝説の真相”「“ささやいた”ことは神に誓って、ない!」「昔はハードレンズだったからね」<Number Web> photograph by BUNGEISHUNJU

デッドボール、ささやき戦術、コンタクトレンズ大捜索……。野球解説者・達川光男が語る“伝説の真相”とは(写真は2015年)

「だからささやいてないんだよ。あんたもしつこいね(笑)」

――失礼しました。「独り言」にも動じなかったバッターはいましたか?

「たくさんいるわな。わしらの同年代だったら古田(敦也)や、吉村(禎章)とかね。あとは落合さんだね」

――打者・落合博満はやはり特別な存在でしたか?

「落合さんは全く動じないし、こっちからしゃべることもなかったよ。右の落合、左の(ランディ・)バース。これはもう別格よ。打ち取るのに相当のエネルギーを要した。あとは掛布(雅之)、岡田(彰布)なんかもよう打った。それぞれの球団にいいバッターがいてね、神経をすり減らしたもんよ」

「おしゃべりとささやきは違うからね」

 昭和~平成初期の名勝負の陰には、相手の裏をかく配球などさまざまな駆け引きがある。チームの頭脳である捕手は、その心理戦を担うわけだが、達川氏の「独り言」は、あくまでバッテリーを組む投手や打者、アンパイアとのコミュニケーション術だったのだ。

「わしらキャッチャーはマナーとルールは守らないけんよ。例えば打つ瞬間に大声を出したり、相手を幻惑させるという行為は論外よ。でもルールの中で独り言を言うのはいいわけで……。おしゃべりとささやきは違うからね。会話はコミュニケーションだけど、ささやきは一方的に邪魔してる感じがして良くない。そんな姑息なことをしてまで抑えようとしてないよ」

 昭和、平成の野球界を生きた「達川伝説」の真相に唸り、ときに幻惑され(?)……。「もうええやろ、じゃあな!」と去っていく後ろ姿を見送りながら、小僧記者はあっさりひねられた敗北感の爽快を味わうのだった。

#1から読む大谷翔平の起用法、佐々木朗希と短期決戦…達川光男が真剣に語る“WBCメンバー選考”3つの視点「外野手の組み合わせは本当に難しい」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
達川光男
遠藤一彦
落合博満
山本浩二
野村克也
山崎武司
古田敦也
吉村禎章
ランディ・バース
掛布雅之
岡田彰布
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ