新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『プロレス社会学のススメ――コロナ時代を読み解くヒント』直木賞作家も「借りがある」。プロレスを再検証し、見えた魅力。 

text by

佐藤究

佐藤究Kiwamu Sato

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2022/03/12 07:00

『プロレス社会学のススメ――コロナ時代を読み解くヒント』直木賞作家も「借りがある」。プロレスを再検証し、見えた魅力。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

斎藤文彦、プチ鹿島著 ホーム社 2090円『プロレス社会学のススメ――コロナ時代を読み解くヒント』

 無頼で知られるアメリカの作家チャールズ・ブコウスキーは、ラジオから流れてくるクラシック音楽が好きだった。お気に入りの作曲家はマーラー。最晩年の日記に彼はこう書いている。

「ありがとう、マーラー、わたしはあなたに借りがある。そしてわたしには決して返せそうもない」(『死をポケットに入れて』)

 シンプルで美しい文章だ。同時にここで書かれた想いは、僕の「プロレス」に対する想いとまったく同じである。「マーラー」を「プロレス」に置き換えるだけでいい。ありがとう、プロレス、僕はあなたに借りがある。そして僕には決して返せそうもない――。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 719文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

プロレスの前後の記事

ページトップ