新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『プロレスラーは観客に何を見せているのか』
日米で活躍したレスラーが問う
プロレス、そして人生とは。 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/02/25 07:30

『プロレスラーは観客に何を見せているのか』日米で活躍したレスラーが問うプロレス、そして人生とは。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『プロレスラーは観客に何を見せているのか』TAJIRI著 草思社 1600円+税

 年明け早々のアメリカとイランの戦争危機。限定攻撃などでお互いなんとか踏みとどまった。この話題に関してあるニュース番組は「プロレスの様相も!?米&イラン次の一手は?」とのテロップを長時間にわたって出していた。プロレスが「手を抜く、茶番、馴れ合い」の意味で使われていたのだ。完全な誤用である。

 どうしても使いたいなら、緊迫のなかで問われる一秒一秒の「判断力」を例える意味でだろう。

 私はこの誤用に呆れたが、でも自分もプロレスとは何か未だにわからない。観客だから当然である。長年観てきて明らかな誤用についてわかる程度だ。大切なのは自分は真実を知っていると浮かれることではなく、真実らしきものを探求することだけ。そういう態度をプロレスに学んだと思っている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 651文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桑田佳祐響け!音楽とスポーツ

Sports Graphic Number 997

桑田佳祐
響け!音楽とスポーツ

 

関連記事

TAJIRI

プロレスの前後の記事

ページトップ