新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ』
'90年代の巨星達が酒の席で語る、
熱く笑えるエピソードの数々。 

text by

市川淳一

市川淳一Junichi Ichikawa

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/06/16 07:30

『玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ』'90年代の巨星達が酒の席で語る、熱く笑えるエピソードの数々。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ』 玉袋筋太郎、堀江ガンツ、推名基樹著 白夜書房 1800円十税

 闘魂三銃士という稀代のスターを擁し、長州力を現場監督に、ドーム興行を連発した新日本プロレス、三沢光晴や川田利明の、過激な四天王プロレスで武道館を毎回超満員にした全日本プロレス、デスマッチのFMWや格闘プロレスのUWF、日本に初めて本格的なルチャリブレを導入したユニバーサルプロレス、多種多様なスタイルや人気選手が生まれ、百花繚乱咲き乱れた'90年代のプロレス界。

 プロレス専門誌『KAMINOGE』の人気企画「変態座談会」書籍化第5弾は、その平成プロレスを代表するレスラーを中心に、浅草キッドの玉袋筋太郎さんたちが、今だから話せるエピソードを、酒を酌み交わしながら語り明かします。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 676文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

現役Jリーガー100人が選んだ史上最強チームを語れ。

関連記事

ジャイアント馬場
スタン・ハンセン

プロレスの前後の記事

ページトップ