オリンピックへの道BACK NUMBER

「メディア出演より休養すれば」の批判にウルフ・アロンはどう答えた? 馬瓜エブリンに水谷&張本…“五輪TVスター”の意外と知らない現在 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byJMPA

posted2021/10/12 17:00

「メディア出演より休養すれば」の批判にウルフ・アロンはどう答えた? 馬瓜エブリンに水谷&張本…“五輪TVスター”の意外と知らない現在<Number Web> photograph by JMPA

東京五輪でメダルを獲得し、連日テレビにも引っ張りだことなっているウルフ・アロン(左)と馬瓜エブリン

「今がチャンス」メディアに出続けるウルフ

「今がチャンス。ウルフ・アロンを知ってもらうことで、柔道ファンが増えれば」

 東京五輪の柔道日本代表選手たちの記者会見でも、柔道をもっと広めたいという趣旨の話をしていたように、かねてから柔道を普及させたいという意思の強い選手だ。金メダリストとなり、メディアに出ることはその機会になると考えていることが分かる。

 先にも触れたように、五輪競技の多くは、オリンピックで注目を集める一方で、ふだんはそこまで見てもらえない現状がある。オリンピックの活躍を契機にもっと競技を知ってほしい、と考えるのはウルフだけではない。自身が打ち込んできた競技だからこそ、愛着もある。

 何年もかけて目指してきた大舞台を終えて練習から距離を置き、ひと息入れたいと考えるのも自然だし、活躍したことで注目される機会を得て、そこで競技の認知度向上につなげたいと考えるのも理解するのは難しくない。たいていの選手は、次の大きな目標から逆算してどう過ごしていけばいいか計算できるし、どのタイミングで本格的に練習を再開すればいいかも考えつつ、活動してもいる。

 自身の競技生活を把握したうえで、一度ついた熱をどう今後につなげていくか、それを意識する姿には、トップアスリートとしての自覚がある。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
水谷隼
張本智和
ウルフアロン
馬瓜エブリン
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ