Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

エディー・ジョーンズ「キャプテンは熱湯に耐えよ」~名将が語る理想像~

posted2021/02/09 07:00

 
エディー・ジョーンズ「キャプテンは熱湯に耐えよ」~名将が語る理想像~<Number Web> photograph by Ichisei Hiramatsu

エディー・ジョーンズがキャプテンを語る

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Ichisei Hiramatsu

'15年W杯の日本と、'19年W杯のイングランドの共通点。それは、本大会に至るまでの強化プロセスにおいて、然るべきタイミングで「主将交代」に踏み切ったことだ。その決断には、指揮官の明確な意図と目的が存在した。数多のチームを率いてきたエディーさんのキャプテン論。

――今日はキャプテンについてうかがいます。エディーさんが作るチームでは、ヘッドコーチ(HC)とキャプテンは共に過ごす時間も長いし、緊密な関係を結びますね。

エディー・ジョーンズ(EJ) コーチはビジョンを示し、キャプテンをはじめリーダーたちは、それを具体的に選手たちに落とし込みます。両者の関係性は、チームの結果に直結するでしょうね。

――エディーさんが2012年に日本代表のHCに就任された時、キャプテンに廣瀬俊朗を指名しました。

EJ 当時の日本代表には、なにより変革が必要でした。世界の舞台では負けるのが当たり前になっていて、そんな発想に慣れている人間は必要なかった。廣瀬ならイチから代表のカルチャーを変えてくれる可能性を感じていたんです。もともと、彼は慶應でキャプテンをしていた時から、知性的でバランスの取れた青年でしたし、私がサントリーのHCとして廣瀬がリーダーを務める東芝と対戦すると、彼がチームの核であることは一目瞭然でした。どんな状況になっても諦めないし、仲間を鼓舞する。日本代表の変革のためには、廣瀬の前向きな姿勢と知性が必要だったのです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4623文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本ラグビー 主将に学べ

Sports Graphic Number 1020

日本ラグビー 主将に学べ

 

エディー・ジョーンズ
廣瀬俊朗
リーチ マイケル
ディラン・ハートリー
オーウェン・ファレル
大野均
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ