Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

堀江翔太&大野均「ジャパンの躍進を支えるフォロワーシップって何?」~2人合わせて164キャップ~

posted2021/02/10 07:00

 
堀江翔太&大野均「ジャパンの躍進を支えるフォロワーシップって何?」~2人合わせて164キャップ~<Number Web> photograph by Aki Nagao

堀江翔太(右)と大野均はどのようにしてリーダーをサポートしたのか

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Aki Nagao

試合中のプレー選択や、ミーティングでの発言等々……。ピッチ内外を問わず、キャプテンには多種多様な重圧が常にのしかかる。トップ選手が集結する日本代表ではどのようにしてリーダーをサポートしているのか。主将経験もある桜の戦士がその実情を明かす。

 1対14――。

 ラグビー日本代表が示した、強いチームにおける役職の黄金比である。

 15人全員がキャプテン。そんなチームがラグビーの理想とされる。が、日本代表の場合は似ているようで少し違った。

 日本代表で長年2番を背負い続けるフッカーの堀江翔太が言う。

「全員がキャプテンだと思っているようなチームだと、それぞれが別々のことを言いかねないじゃないですか。それよりも大事なのは、キャプテンの判断を14人がどれだけ信じて同じ方向を向けるかだと思うんです。僕らは意見が割れても、最終的には、リーチの意見を尊重しようという空気がありましたから」

 1人のキャプテンと、14人の副キャプテン。2014年4月からリーチマイケルが主将を務めるようになった日本代表は、たとえるなら、そんなチームだった。

 その14人の筆頭格が堀江だ。'14年にリーチが主将に就任する前、じつは堀江は、監督のエディー・ジョーンズからキャプテン就任の打診を受けている。堀江は帝京大でも、パナソニックでも主将を務めた。実力を加味しても当然のオファーだった。ところが、堀江は断った。

「僕は本来、キャプテンタイプじゃないんです。キャプテンになっちゃうと、自分以外のことも目に入ってしまって、自分のプレーに集中できない。なので、そのときはリーチを推薦しました。キャプテンは、リーチみたいにいい意味で大雑把な方が向いている。日本人って、ついつい気にしちゃうでしょう。僕もそうなんですけど」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3388文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本ラグビー 主将に学べ

Sports Graphic Number 1020

日本ラグビー 主将に学べ

 

堀江翔太
大野均
リーチ マイケル
エディー・ジョーンズ
ジェイミー・ジョセフ
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ