球道雑記BACK NUMBER

《ドラフト1位同士の慶早戦》慶大・木澤尚文が思い出す「泣きながらキャッチボールした日」 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byRyotaro Nagata

posted2020/11/06 11:00

《ドラフト1位同士の慶早戦》慶大・木澤尚文が思い出す「泣きながらキャッチボールした日」<Number Web> photograph by Ryotaro Nagata

先のドラフト会議でヤクルトから1位指名を受けた慶大の木澤尚文

 林助監督から言われ、今でも木澤が大切にしている言葉がある。

「初球にその人間の技術が出るんだぞ」

 選手たちに口酸っぱく言ってきた言葉だ。

「キャッチボールの1球目、投球練習の1球目、ノックの1捕球目。『そこでバシッと入れない人間が、試合の初回からバシッと入れるのか?』と。この言葉は、主将の瀬戸西純や副主将の僕が、周りの選手たちにもよく言うようにしていましたね」

泣きながらキャッチボールしたある日

 木澤が林助監督時代で、忘れられない思い出を教えてくれた。

 それは2年春の沖縄キャンプでのこと。当時の木澤は、自分の投げ方が分からなくなって一人で悩んでいたという。高校3年時の右肘靱帯損傷の影響だった。

「靱帯を損傷したときに、たった1球で『ブチン』となってしまったので、どうしても肘を伸ばして投げることが怖くなっていたんです。2年生の最初くらいまではどうしても肘が先に出て……。それがまた怖くて、思うように投げられない時期でした」

 そんな木澤に、林助監督はいつも寄り添い、課題をひとつひとつ克服していこうと指導してくれた。

「なんとなく強いボールは投げられるんだけどあっちに行ったり、こっちに行ったりして、自分が確信を持って投げられない。どうすれば効率的に投げられるのか、どうすれば指先を走らせて投げられるか――。林さんも親身になって色々な方面から考えてくれました」

 そんなある日、これまで我慢してきた想いが一気にこみ上げてきた。

「投げ方が分からなくなり過ぎて、泣きながらキャッチボールをしたことがありました。林さんとただただキャッチボールしているだけなのに……。それが一番印象に残っています」

 泣きながら投げる木澤に林助監督はある言葉をかけた。

「野球は練習すればするほど上手くなるわけじゃないけれど、野球を考える時間が増えれば増えるほど上手くなるよ」

「野球が終わってからで良いかなって」

 言われた当初は、何を言っているのか分からなかったと木澤は言うが、大学4年を迎えた今、その意味がよく分かるようになったと言う。

「練習が終った後でもどれだけ野球のことを考えられているかが1つの勝負だなと感じるようになりました。実際に考える時間が増えれば増えるほど、感覚もちょっとずつ良くなって」

 林助監督時代に義務付けられていた野球ノートも、動画サイトでピッチャーの動画を見るのも、今では習慣になっている。投球技術を勉強するため、積極的にオンラインサロンに出席したり、全体練習が終わった後は都内のトレーニングジムに通うなど、自身の全てを野球に捧げている。

【次ページ】 焦らないで、コツコツと、普段どおりの自分で――。

BACK 1 2 3 NEXT
慶應義塾大学
木澤尚文
早稲田大学
早川隆久
東京ヤクルトスワローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス

大学野球の前後の記事

ページトップ