セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

クリロナがコロナ陽性、“ナポリ試合放棄事件”が大モメ どうなる感染急増セリエA 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/10/15 17:35

クリロナがコロナ陽性、“ナポリ試合放棄事件”が大モメ どうなる感染急増セリエA<Number Web> photograph by Getty Images

新型コロナ陽性反応が出たクリスティアーノ・ロナウド。無症状だとの報道には世界中が安どしている

「トリノへ遠征せよ、さもなくば試合放棄と見なす」

 サッカー界と内閣の約束事である「プロトコル」が定めた条件には合致しないが、行政機関である保健所からのお達しとあれば、試合に行くわけにはいかない。

 そう考えたアウレリオ・デラウレンティス会長は3日の内に、FIGCとリーグ機構、対戦相手のユベントスへASLからの文書を添えて延期要請を行ったのだが、3者からの返事はいずれも「ルール(=プロトコル)に従って試合は予定通り開催される。トリノへ遠征せよ、さもなくば試合放棄と見なす」と、にべもないものだった。

 リーグ機構とFIGCは、昨季中のリーグ再開に懐疑的だった政府にプロトコルを承認させるため、随分と骨を折った。FIGCグラビーナ会長は「ルールに従わなかった者(=ナポリ)は贖罪すべき」と糾弾し、リーグ機構のパオロ・ダル・ピーノ会長はクラブ同士の共同歩調を乱す、いわば“プロトコル破り”を行ったナポリに対し、「0-3黒星」に加えて勝点剥奪も辞さないという強硬姿勢で臨んでいる。

政界や専門家をも巻き込む大論争に

 試合の開催側だったユベントスにしてみれば、他に選択肢はなかった。仮に同調してゲームの開催準備を怠り、選手11人を試合開始時刻にグラウンドへ立たせなければ、試合放棄扱いされるのは自分たちの方だ。

 当夜、ボールを蹴る音がついぞ聞かれなかったアリアンツ・スタジアムで、ユーベのアンドレア・アニェッリ会長は「我々はルールに従ったまで」と憮然とした表情で語ったが、この“ナポリ試合放棄事件”は、政界や専門家を巻き込む大論争に発展した。

「(遠征禁止については)国と州の防疫衛生法規に基づいて下した必要な処置だった」とナポリ地方保健所は正当性を主張し、ナポリを州都とするカンパーニャ州のビンチェンツォ・デ・ルカ知事も「もしナポリが保健所を無視して遠征した結果、1週間後にクリスティアーノ・ロナウドに陽性反応が出たらユベントスは何と言うのだろう」と、地元クラブに敵対する王者を非難した。

【次ページ】 インテルの主力も相次いで陽性発覚

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
クリスティアーノ・ロナウド
ユベントス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ