将棋PRESSBACK NUMBER

14歳で四段の藤井聡太二冠は別格「プロ棋士になれる人となれない人の決定的な差とは?」“教授”に聞く 

text by

小島渉

小島渉Wataru Kojima

PROFILE

photograph byKYODO

posted2020/10/11 17:02

14歳で四段の藤井聡太二冠は別格「プロ棋士になれる人となれない人の決定的な差とは?」“教授”に聞く<Number Web> photograph by KYODO

14歳の12月にプロデビューした藤井聡太現二冠。加藤一二三との62歳6カ月差対局を制した

勝又 そうではないでしょうね。三段リーグだって、年々シビアになっていると思いますよ。いまはネット中継でリアルタイムに対局を追えますし、将棋ソフトでいくらでも検証できる。昔よりも強くなれる環境が整った分だけ情報戦のスピードが上がり、競争も激しくなっています。

 例えば勇気くんと永瀬さん(拓矢王座)の競争を見てください。勇気くんは永瀬さんの2歳下で、2004年にJTこども東京大会高学年の部で永瀬さんを破り、小学4年生ながら優勝しています。同じ年、2人は奨励会に入会しています。三段昇段やプロ入りは永瀬さんが先ですが、勇気くんも16歳で棋士になっています。「努力の永瀬と才能の佐々木」とよく比較されますが、勇気くんもずっとずっと努力し続けているんです。当時の三段リーグは勇気や永瀬さんだけでなく、A級棋士でタイトルを獲得した菅井竜也八段や斎藤慎太郎八段もいた。そういうなかで競争しないといけないんだから、才能だけで突破できる世界じゃないのは明白でしょう。

難しい詰将棋を解くのは効果がある?

――どんな勉強をすれば、プロになれるのでしょう。効率的な方法はありますか。

勝又 それは棋士でも意見が分かれると思います。例えば、難しい詰将棋を解くのは効果があるかどうかというテーマがあります。難解な詰将棋は駒の配置がゴチャゴチャで実戦にほとんど現れないようなものが多く、あれを解いても実際には出てこないから効率が悪いという意見はあると思います。でも、A級棋士を見ると、そういう問題を喜んで解くような人ばっかりです。

――プロになるため、必要な環境はありますか。

勝又 環境といっても色々ありまして、一概にいえないので私の経験を話しましょう。私は弟子入りの希望の話がきたら、私の師匠、石田九段門下に入れています。それは大きな一門のなかで刺激を受けたほうがいいと思っているからです。石田門下の棋士は私のほかに、佐々木勇気、門倉啓太(五段)、高見泰地(七段)、渡辺大夢(五段)と、彼らから一回り近く下の女流棋士で加藤結李愛(女流初段)がいますけど、このなかでいちばん早くにプロになったのは僕より25歳下の勇気くんで、石田門下だと僕以来、15年半ぶりに誕生した2人目の棋士なんです。それから何人も続いたのは、勇気と一緒にみんなが切磋琢磨して刺激を受けたからですよ。「勇気が四段に上がったのだから俺も頑張る、棋士になれる」というのがよい環境で、いまでも僕は弟子を取らなかったことを棋士人生で“最大の好手”だったと思っています。

 そうそう、いま七段の三枚堂達也くんは内藤國雄九段門下ですが、彼は柏将棋センターで石田九段に学び、小さいころから1歳差の勇気くんとライバルでした。実は勇気くんが16歳で四段になったとき、三枚堂くんは奨励会の初段ぐらいだったんです。でも、そこから人が変わったかのように毎日のように記録係を務めたり勉強し始めて、1カ月が40日ぐらいあったんじゃないかと思うほど努力していました。あっという間に三段になって、そのころは石田門下の研究会でほとんど負けなくなり、僕だけじゃなくて四段になりたての勇気くんとかも勝てませんでした。調子が悪いときでも2勝1敗だったんですよ。その頑張りが実って三段リーグを一期抜けしました。

「1人で勉強できる、努力できる」のも条件

――石田一門のなかで、初めてタイトルを獲得したのは高見七段です。2018年、24歳で叡王の座に着きました。

【次ページ】 「運」が必要なこともある

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
藤井聡太
勝又清和

ゲームの前後の記事

ページトップ