記事に戻る

14歳で四段の藤井聡太二冠は別格「プロ棋士になれる人となれない人の決定的な差とは?」“教授”に聞く

14歳の12月にプロデビューした藤井聡太現二冠。加藤一二三との62歳6カ月差対局を制した / photograph by KYODO 三枚堂七段と佐々木七段。1歳差のふたりは小さいころからのライバル 研究会のノート 佐々木勇気七段(左)、高見泰地七段(真ん中)、三枚堂達也七段 小学生の頃の佐々木勇気現七段(左)と永瀬拓矢現王座 2019年に開催された「瀬戸将棋まつり」。穏やかな表情で子供たちの指導対局に臨む藤井現二冠 / photograph by Bungeishunju 子供の頃にはピアノを習っていた藤井現二冠 祖父と楽しそうに将棋に打ち込む、藤井二冠の貴重な幼少期のショット 14歳で四段の藤井聡太二冠は別格「プロ棋士になれる人となれない人の決定的な差とは?」“教授”に聞く(9) / photograph by Bungeishunju 渡辺明現三冠 / photograph by Bungeishunju (左より)島朗、佐藤康光、羽生善治、森下卓、森内俊之/1993年撮影 / photograph by Bungeishunju 若き日の羽生善治 / photograph by Bungeishunju 若き日の加藤一二三 / photograph by Bungeishunju

三枚堂七段と佐々木七段。1歳差のふたりは小さいころからのライバル

14歳の12月にプロデビューした藤井聡太現二冠。加藤一二三との62歳6カ月差対局を制した / photograph by KYODO 三枚堂七段と佐々木七段。1歳差のふたりは小さいころからのライバル 研究会のノート 佐々木勇気七段(左)、高見泰地七段(真ん中)、三枚堂達也七段 小学生の頃の佐々木勇気現七段(左)と永瀬拓矢現王座 2019年に開催された「瀬戸将棋まつり」。穏やかな表情で子供たちの指導対局に臨む藤井現二冠 / photograph by Bungeishunju 子供の頃にはピアノを習っていた藤井現二冠 祖父と楽しそうに将棋に打ち込む、藤井二冠の貴重な幼少期のショット 14歳で四段の藤井聡太二冠は別格「プロ棋士になれる人となれない人の決定的な差とは?」“教授”に聞く(9) / photograph by Bungeishunju 渡辺明現三冠 / photograph by Bungeishunju (左より)島朗、佐藤康光、羽生善治、森下卓、森内俊之/1993年撮影 / photograph by Bungeishunju 若き日の羽生善治 / photograph by Bungeishunju 若き日の加藤一二三 / photograph by Bungeishunju

ページトップ