オリンピックへの道BACK NUMBER

「自分を見失った」瀬戸大也は
五輪延期に希望を見いだせるか。

posted2020/08/10 08:00

 
「自分を見失った」瀬戸大也は五輪延期に希望を見いだせるか。<Number Web> photograph by Getty Images

今年1月、北京で行われたチャンピオンズスイムでも自己ベストを更新する泳ぎを見せていた。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Getty Images

 苦しい言葉が並んだ。 

 8月3日、競泳の瀬戸大也がスポーツ用品メーカーのオンラインイベントに参加した。

 東京五輪が延期になったあと、初めての公の場だったが、そこで語られた胸中には、しんどい思いが込められていた。

「練習を再開しても、気持ち的に身が入らない日々が続いて、練習を休んでしまったりしています」

 現在の状況を明かした上で、さらに率直な気持ちを語った。 

「正直、自分を見失っていて……」

「オリンピックがあるのでやらなきゃ、とは思いますが、スイッチを入れられていません。正直、自分を見失っていて、何を目指したいのか、分かっていません」

 瀬戸は今日の日本の競泳で、エースと目される存在だ。

 昨年の世界選手権では2大会ぶり3度目の400m個人メドレー優勝を果たしたのをはじめ、200m個人メドレーでは初優勝、200mバタフライでも銀メダルという好成績をあげた。

 1大会での個人種目3つのメダルは日本で初めてのことだったし、世界選手権通算での4つの金メダル獲得となったが、これも日本で初めてだった。

 世界選手権を経て、日本水泳連盟の規定にのっとり、400m個人メドレーでの東京五輪代表内定を、いち早く手にすることになった。そして現在でも、日本競泳唯一の五輪代表内定選手でもある。

 順調そのもの、とも映る足取りの原点は、2016年のリオデジャネイロ五輪である。

 400m個人メドレーで銅メダルを獲得したが、目指していたのは世界一だった。初の大舞台での予選、準決勝、決勝と続くレース展開において、悔いも残した。

【次ページ】「コロナがなければ、終わっていました」

1 2 3 NEXT
瀬戸大也
マイケル・フェルプス
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ