プロ野球亭日乗BACK NUMBER

戸郷翔征がなぜ“裏ローテ”の頭に?
巨人・原監督「メジャー志向」構想。

posted2020/06/27 20:30

 
戸郷翔征がなぜ“裏ローテ”の頭に?巨人・原監督「メジャー志向」構想。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

6月23日、広島との3連戦の初戦に先発し、勝利投手となった巨人・戸郷。独特なテイクバックだ。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 リーグ連覇を狙う巨人が快調なスタートを切った。

 開幕の阪神戦にいきなり3連勝を決めると、続く広島戦は1勝1敗で迎えた3戦目で劣勢の8回に主砲・岡本和真内野手の同点ホーマーが飛び出しての引き分け。

 そして3カード目のヤクルト戦の初戦も重信慎之介外野手の逆転2ランと3カード連続でカード頭を白星で飾っている。

 中でも注目は2カード目の広島戦での戸郷翔征投手の快投だ。

 宮崎・聖心ウルスラ学園高を卒業して2年目の20歳の右腕は、サイド気味のスリークウォーターから150km台のストレートを連発。そこに横に大きく曲がるスライダー、フォークを織り交ぜて赤ヘル打線を7回途中まで4安打2失点に抑える好投を見せた。

 巨人では桑田真澄投手以来の高卒2年目の開幕ローテーション入りという快挙を果たすとともに、そのチャンスを見事なピッチングで結果に結びつけたのである。

“裏ローテ”の頭を戸郷に任せた。

「7回に入ったのもプロ初で、そこを投げ切りたかったですけど、先発で1勝というのが、1つの目標にしていたところ。長く投げて1勝できたのが嬉しかった」

 ちょっぴり寂しい観客のいないお立ち台。それでも昨年9月に救援でプロ初勝利は挙げていたが、先発での1勝はこの若き右腕にとっては格別なものだったはずだ。

 ただ、この戸郷の快投劇に1つの「なぜ?」があったのに気づいた人がいたかもしれない。

 というのは開幕2カード目の3連戦の初戦はいわゆる“裏ローテ”の頭と言われる大事な先発だ。

 これまでの常識では投手陣で2番目に信頼のある投手が任される役割で、昨年で言えば開幕は菅野智之投手でこの“裏ローテ”の頭は山口俊投手だった。

【次ページ】 今年の巨人の投手編成の要が隠されていた。

1 2 3 4 NEXT
戸郷翔征
岡本和真
桑田真澄
菅野智之
山口俊
原辰徳
読売ジャイアンツ
重信慎之介

プロ野球の前後のコラム

ページトップ