プロ野球亭日乗BACK NUMBER

戸郷翔征がなぜ“裏ローテ”の頭に?
巨人・原監督「メジャー志向」構想。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2020/06/27 20:30

戸郷翔征がなぜ“裏ローテ”の頭に?巨人・原監督「メジャー志向」構想。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

6月23日、広島との3連戦の初戦に先発し、勝利投手となった巨人・戸郷。独特なテイクバックだ。

目玉構想を、20歳の右腕が吹き飛ばした。

 そういう思惑があり、中5日で残りの投手を回すために戸郷が異例とも言える“裏ローテ”の頭に指名されたのである。

 ところがそんな原監督の目玉構想を、20歳の右腕の快投が吹き飛ばした。「自分の力でローテーションを守った」という指揮官のコメントは、まさにその言葉通りだった訳である。

 こうして開幕直後の中5日ロテーションへの移行は無くなったが、それでも指揮官は今季中の導入を断言する。

「その代わり先発の球数は100球なのか110球までいくのか、そういう制限はつける。ただ逆に言えば、それならストライクゾーンできちっと勝負できる投球をして、その球数の中で7回まで投げられるピッチングをして欲しい。

 リリーフ陣の負担は当然、増えるかもしれないけど、今年は幸いにも登録とベンチ入り人数が増えたことも追い風ですね」

 新型コロナウイルスによる特別ルールの導入も新ローテーション移行を決断するのにプラス材料ということだ。

 かわす投球ではなく、きちっと勝負できるピッチング。この中5日ローテーションで先発投手に求められる最大のテーマはここかもしれない。それはまさに駆け引き重視の日本野球とは違う、メジャーに近い野球の追求とも言える。

 坂本の2番起用もそうだが、よりメジャー的な野球への志向が、これからの原巨人のスタイルとなっていく。

関連記事

BACK 1 2 3 4
戸郷翔征
岡本和真
桑田真澄
菅野智之
山口俊
原辰徳
読売ジャイアンツ
重信慎之介

プロ野球の前後の記事

ページトップ