プロ野球PRESSBACK NUMBER

筒香嘉智は亀で、森友哉はうさぎ。
恩師が語る2人の違いと共通点。

posted2020/06/28 11:50

 
筒香嘉智は亀で、森友哉はうさぎ。恩師が語る2人の違いと共通点。<Number Web> photograph by Ryunosuke Seno

彼らの野球の原点とも言える堺ビッグボーイズでの恩師・瀬野竜之介を挟んで森友哉(左)と筒香嘉智。

text by

上原伸一

上原伸一Shinichi Uehara

PROFILE

photograph by

Ryunosuke Seno

 野球ファンからは「日本の宝」と称賛され、昨年まで在籍していたDeNAでは人間性でも高い評価を得ていたタンパベイ・レイズの筒香嘉智。心技を兼ね備えたスラッガーは昨年、幼少からの念願を成就し、ポスティングシステムによるメジャー移籍を果たした。

 だが筒香の中学時代をよく知る瀬野竜之介氏は、当時はいまの姿が全く想像できなかったという。筒香は中学の3年間、瀬野氏が代表を務める堺ビッグボーイズでプレーした。堺ビッグボーイズは2度の全国制覇があるボーイズリーグの強豪だ。

「入って来た時から体が大きい選手でしたが、ヒザが痛い、腰が痛い、とケガが多かったんです。中学時代は体が変わる時期なので、その関係もあったのでしょう。2年生まではケガで練習が出来ない時期が結構ありました。ですから無理をさせず、“放牧”していたんです。

 公式戦も筒香たちの代になるまでは出てませんし、よく聞かれるんですが、グラウンドのあそこまで飛ばしたとか、そういう伝説的なこともありません。

 筒香は『うさぎと亀』で言うなら、亀ですね。3年生になってから『こんな選手いたの?』と注目されるようになりましたが、それまではゆっくり時間をかけながら成長していった感じです」

体のケアに対する高い意識がついた背景。

 筒香の実家は和歌山・橋本市にある。ここから家族が運転する車で1時間かけて、大阪・河内長野市にあるグラウンドに通っていた。堺ビッグボーイズに入ったのは、高校球児だった10歳年上の兄・裕史さんの勧めだ。

 裕史さんは現在、地元で幼児から中学生までを対象としたスポーツアカデミーを運営している。弟のために何チームも見て回った裕史さんが堺ビッグボーイズに決めたのは、体のケアをサポートする体制が整っていたからだった。

 瀬野代表は「当時はまだ練習時間は長かったんですが、この頃からケガ予防や、ケガをした時のリハビリを専門家と連携しながら行ってました」と話す。筒香は中学2年まではケガが多かっただけに、この環境に助けられただろう。体のケアに対する高い意識も、この環境によって芽生えたようだ。

【次ページ】 「野球を取ったら何も残らないでは……」

1 2 3 4 5 NEXT
瀬野竜之介
筒香嘉智
森友哉
横浜DeNAベイスターズ
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ