スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

アメリカ名門大学での陸上と勉強。
岡田健が体感した部活の日米差。

posted2019/08/21 18:00

 
アメリカ名門大学での陸上と勉強。岡田健が体感した部活の日米差。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

アメリカ屈指の名門大学で学ぶとともに陸上部に在籍した岡田健。競技から社会人生活へと移行する。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 今年の陸上日本選手権には、変化の兆しがあった。

 アメリカの息吹である。

 サニブラウンはFLORIDAというロゴが入ったユニフォームで登場した。在籍するフロリダ大学ゲーターズのものである(ちなみに、アメリカのスポーツ飲料で圧倒的なシェアを誇るゲータレードは、フロリダ大学のフットボールのために開発された飲料だ)。

 そしてもうひとり、アメリカの大学のユニフォームで出場した選手がいた。

 3000m障害に出場した岡田健(おかだ・たけし)は、今年、カリフォルニア大学バークレー校を卒業したばかりである。

 岡田の競技人生をたどると、日本とアメリカの部活の差異が際立っていて興味深い。

中3進級時に起きた大きな変化。

 岡田が本格的に陸上に取り組み始めたのは中学2年生からだ。

「中学で陸上部に入部してみると、活気がなくて……。真面目にやりたいという気持ちもあったので、それなりには走っていたとは思います」

 中1の時の1500mの自己ベストは4分52秒。県レベルであれば十分に速い部類だが、スーパーなタイムというわけではない。

 転機となったのは、中2で陸上に熱心な先生が赴任してきてからだ。

「いきなり、『お前は3000mで全中に出られる』と言われて、この先生、なに言ってんのかな? と思いました(笑)。でも、自分に可能性があるのだったら、真面目に取り組む価値があると思いました」

 顧問の先生は駅伝が大好きで、平日は朝練習をはじめとして距離走を重視し、週末ともなれば、選手たちをどんどん記録会に出す。岡田も順調に成長を見せていたが、中3に進級する時、環境に変化が起きる。

「在籍していた中学校の生徒数が膨れ上がりすぎて、新設の中学に移ることになったんです。まいりましたね。先生の指導が受けられなくなり、競技力も伸ばせないと思い込んでいました」

【次ページ】 公立校の部活は本当に運次第だ。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

岡田健

陸上の前後のコラム

ページトップ