酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

フライボール革命と三振の激増。
大谷翔平のホームランもその一例だ。

posted2019/08/07 11:40

 
フライボール革命と三振の激増。大谷翔平のホームランもその一例だ。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

メジャーの舞台でビッグフライを量産する大谷翔平。その一方で三振も多いが、フライボール革命が進むMLBの象徴なのかもしれない。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 フライボール革命については当コラムで今年、一度取り上げた。

 端的に言えば、フライボール革命は「ホームランの民主化」である。これまで、ホームランは「スラッガー」、「長距離打者」と言われる選手だけがもっぱら量産していた。

 他の打者は日本で言うところの「ヒットの延長がホームラン」で、打数が増えればその分だけ増えるという程度のものだった。

 しかしフライボール革命によって、一定のバットスピード以上で、ある角度をつけてボールを打ち上げると、安打、長打が急増することが分かった。具体的に記すと、打球速度が158km/hで26度から30度の角度で打球を打ち上げると打率5割、長打率は1.500以上になる。

 この打球速度と角度の組み合わせを「バレル」という。この「バレル」を意識することで、極端に言えば多少打撃に自信のあるプロ野球選手なら、誰でもホームランを打つことができるようになったのだ。

過去10年のメジャーの数字を比較。

 フライボール革命がどれだけインパクトがある革命か。それは過去10年間のMLBのリーグ本塁打、そして三振数の推移を見ればわかる。
 
<MLB両リーグの本塁打総数、三振数の推移。( )は1試合あたりのチーム平均本塁打、三振。2019年は8月2日時点>
 
 2010年 4613本塁打(0.95) 、34306三振(7.06)
 2011年 4552本塁打(0.94) 、34488三振(7.10)
 2012年 4934本塁打(1.02) 、36426三振(7.50)
 2013年 4661本塁打(0.96) 、36710三振(7.55)
 2014年 4186本塁打(0.86) 、37441三振(7.70)
 2015年 4909本塁打(1.01) 、37446三振(7.71)
 2016年 5610本塁打(1.16) 、38982三振(8.03)
 2017年 6105本塁打(1.26) 、40104三振(8.25)
 2018年 5585本塁打(1.15) 、41207三振(8.48)
 2019年 4505本塁打(1.38) 、28576三振(8.76)

【次ページ】 フライならどんな名手でも取れない。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イチロー
大谷翔平
アダム・ダン
クリス・デービス
山川穂高

MLBの前後のコラム

ページトップ