スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

サマートレードと最後のドラマ。
アストロズ「恐るべき布陣」の完成。

posted2019/08/03 09:00

 
サマートレードと最後のドラマ。アストロズ「恐るべき布陣」の完成。<Number Web> photograph by Getty Images

7月31日、ダイヤモンドバックスのザック・グリンキーは登板中にトレードが発表された。移籍前最後の登板は5回2失点。

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 サマートレードが、早くも終幕を迎えた。例年と異なり、今季は7月31日が最終期限に設定されたためだ。いつもならば、サマートレードが締め切られたあとも、ウェイヴァー・トレードの期間が1カ月間残される。ざっくりいうと、ウェイヴァーにかけられた選手に限っては、8月31日までトレード期間が残されていたのだが、今季はそれが廃止された。つまり、7月31日東部時間午後4時をもって、各球団は今季の最終的陣容を決定しなければならない。シーズン終盤も、ポストシーズンも、その陣容で戦わなければならないのだ。ここをどう読むか。

 締切り前日には、インディアンスとレッズとパドレスの間で三角トレードが成立した。

一番得をしたのはインディアンス。

 ア・リーグ中地区の優勝をツインズと争うインディアンスは、先発の柱を担うトレヴァー・バウアーを放出し、レッズのヤシエル・プイグとパドレスのフランミル・レイエスの両外野手らを獲得した。一方のレッズはバウアーを、パドレスはレッズの有望株テイラー・トラメルを獲得している。

 見たところ、一番得をしたのはインディアンスだ。エース格のバウアーを出して大丈夫か、という不安は胸をよぎるが、今季のインディアンス投手陣は、ダニー・サラザール(2017年のALDS以来登板していない)、コーリー・クルーバー(サイ・ヤング賞2度)、カルロス・カラスコ(5月末に白血病と診断された)、マイク・クレヴィンジャー(すでに復帰)といった主戦級を、つぎつぎと怪我や病気で失いつつ、ここまで戦ってきた。若手のシェーン・ビーバーやバウアーの健闘が支えとなったわけだが、ここへ来て、サラザールの戦線復帰が確実となり、クルーバーも復帰間近の声がささやかれている。

【次ページ】 ホゼ・ラミレスが極度の打撃不振。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

クリーブランド・インディアンス
ニューヨーク・ヤンキース
ヒューストン・アストロズ
ザック・グリンキー

MLBの前後のコラム

ページトップ