バスケットボールPRESSBACK NUMBER

苦しい立場のアルバルクが連覇達成。
BリーグCSが物語る日本バスケの成長。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2019/05/13 18:00

苦しい立場のアルバルクが連覇達成。BリーグCSが物語る日本バスケの成長。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

連覇を達成し喜びを交わす田中(左)とルカHC。田中は3本の3ポイントを含むチーム首位の16得点。

スポットライトが当たったバスケ界。

 プロ野球ではクライマックスシリーズというプレーオフがあるし、かつてのJリーグにもチャンピオンシップという名のプレーオフが存在していた。ただ、その存在意義やルールについて疑問を投げかける声は少なからず存在してきた。

 一方、Bリーグは3地区に分かれている以上、それぞれの地区の優勝チームだけを集めると奇数になってしまうし、レギュラーシーズンでは他の地区のチームとの対戦数にバラツキが生まれている。だからこそ、レギュラーシーズンの成績を参考にしたうえで、競技力でのナンバー1を決めるためにCSを組む必然性がある。興業面以外でもCSの意義と価値が十分に見いだせる。

 アルバルク東京は、良くも悪くも、バスケットボールの勝敗にフォーカスしたチームである。そんなチームが、CSの舞台をチーム力向上の糧にして、日本一になった。その事実が、他のプロスポーツリーグにはない魅力的なプレーオフ制度がBリーグに存在していることを雄弁に物語っている。

 21年ぶりの自力でのW杯出場権をつかみとり、44年ぶりの五輪出場を決めた2018-19シーズン。そんなシーズンのファイナルは、日本バスケットボールの競技力にこれまでにないほどのスポットライトがあたった1年を象徴するかのように、アルバルクの連覇で幕を閉じたのだった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アルバルク東京
千葉ジェッツ
ルカ・パヴィチェビッチ
田中大貴
竹内譲次

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ