ひとりFBI ~Football Bureau of Investigation~BACK NUMBER

令和に語り継ぐ、J平成名勝負(2)
~1996年第15節:横浜Fvs.鹿島~

posted2019/05/06 10:00

 
令和に語り継ぐ、J平成名勝負(2)~1996年第15節:横浜Fvs.鹿島~<Number Web> photograph by J.LEAGUE

ジーニョ、前園真聖、ジョルジーニョ、本田泰人……横浜Fと鹿島が見せたタレント集団の戦いは激しかった。

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

「令和」の世の中で、Jリーグは相変わらず熱戦の連続である。ただ時代は変わっても「平成」の語り継ぎたい伝説も数多い。そんな記憶に残る名勝負を北條聡氏と飯尾篤史氏の2人に回顧してもらった。今回は1996年Jリーグ第15節、横浜フリューゲルスvs.鹿島アントラーズだ。

 セレソンの「本気」が、Jリーグの歴史に刻まれる名勝負の引き金だったか。

 アトランタ五輪が開催された1996年のことだ。同年のJリーグは2ステージ制ではなく、ホーム・アンド・アウェーによる2回戦総当たり方式を採用。従ってチャンピオンシップは開催されていない。

 だが、天下分け目の大一番を思わせる試合があった。

 横浜フリューゲルスと鹿島アントラーズの一戦だ。5月18日、舞台は東京・旧国立競技場。リーグ戦の第15節だから、前半戦のラストマッチでもあった。

 しかも、この時点で1位が横浜F、2位が鹿島という首位攻防戦。鹿島が勝てば順位が入れ替わる。いや、名勝負が生まれる条件はそれだけではなかった。

偉大なセレソンが数多くピッチに。

 横浜Fと鹿島、それぞれに偉大なセレソン(ブラジル代表)が、いた。

 ただのセレソンではない。わずか2年前のアメリカ・ワールドカップで王国ブラジルを世界の頂点へと押し上げた男たちだ。横浜Fのジーニョ、鹿島のレオナルドとジョルジーニョである。

 当時ジーニョは28歳、レオナルドは26歳、ジョルジーニョ31歳。キャリアの最盛期にあったと言ってもいい。いまでは考えられないことである。さらに両軍の得点源となったエバイール(横浜F)とマジーニョ(鹿島)も元セレソンという豪華さ。キャスティング自体が、すでに普通ではなかった。

 実はもうひとり、現役セレソンが横浜Fにいた。

 2年後のフランス・ワールドカップで闘将ドゥンガ(当時ジュビロ磐田)とペアを組むボランチのセザール・サンパイオだ。

 本来なら、鹿島の攻撃の基点であるレオナルドと丁々発止の攻防を展開していたはずである。だが残念ながら、出場停止によって、この日のピッチに立てなかった。

 それでも、代役を務めた原田武男がレオナルドを密着マークで苦しめ、鹿島の攻撃力を殺いでいる。ピッチを縦横に動き回る鹿島の強力な攻撃陣をマンマーキングで封じ込めるのが横浜Fを束ねる指揮官オタシリオの狙いでもあった。

【次ページ】 飛ぶ鳥を落とす勢いの前園、山口。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜フリューゲルス
ジーニョ
前園真聖
ジョルジーニョ
山口素弘
レオナルド
楢崎正剛

Jリーグの前後のコラム

ページトップ